勉強会ACT

概要□□□□□□□□□□□□□□□□□
一般公募する有料のバイクライフ研究会です。ご案内役は、つじ・つかさ。開催する場所や日時、応募方法などは、他の企画同様にイベント・インフォのページへ張り出します。基本的に一泊二日で実施する企画で、前後どちらか単日での参加は受け付けていません。参加料金は基本となる伊豆開催の場合で20000円。宿泊費や交通費など諸費用は別途ご負担していただきます。参加車両は各自ご用意いただきますが、排気量126cc以上ならオフロード車でもかまいません。
公道を走行しながら、同時にライディング・テクニックをはじめとする様々な技術やノウハウを探求する方式、そしてその根底に流れる思想や指導方針は『勉強会』と同じです。まずは勉強会という企画の内容と趣旨を、ぜひご一読ください。

特徴□□□□□□□□□□□□□□□□□
定員10名の少人数規模。マンツーマンに準じた、それぞれの方に合わせたインストラクションです。このあたりは勉強会と同じですが、このACTバージョンでは、過去にSALIDAで行っている勉強会に、原則として2回以上参加した経験のある方が募集対象です。他のtsujiがインストラクターを務める企画(メーカー等の看板付きやショップ主催など)も参加経験回数としてカウントしますが、勉強会に準じた内容である場合に限ります。判断に迷う場合はtsujiまでご相談ください。
内容は、要約すれば勉強会のステップアップ版。たとえば、ブレーキのリリースと倒し込みのタイミング関係、ハングオフ等のより大きな左右荷重移動、前後輪への荷重移動方法とそのタイミング、複合コーナーの攻略法……。こうした、より積極的にバイクをコントロールして楽しむ方法の指導を主題とします。ただし、勉強会でお伝えしている基本操作、及びその意味を理解していないと、とんでもない勘違いをして危険。あくまでストリート・スポーツとしてバイク・ライディングを捉えていることも含め、勉強会の類に参加していただいた方でないと、本当の意味を理解していただけない可能性がある。そんな理由から、参加資格を限定しています。
もっとも、それは上手な方とかベテラン、ましてや速く走れる方しか受講できないという意味ではありません。免許経験など不問で、もちろん年齢や性別も関係なしです。ハングオフでコーナリングしなくてもよく、要は『積極的に操る』というのがテーマ。極端にスピードを出さなくても、バイクを積極的に操って楽しむことはできるのだとお伝えしたい。そして勉強会ACTを受講すれば、通常の勉強会でご案内している内容がいかに重要かを納得していただけるでしょう。究極は基本です。

参加者の声 □□□□□□□□□□□□□□
この『勉強会ACT』が、実際にはどんな内容なのか、どんな雰囲気なのか。それは参加された方々の言葉が最も正確に表現しているでしょう。バイクと乗り手の機能をさらにもう一歩引き出す楽しみ。そのスポーツの醍醐味をお伝えするのがこのACTではあるけれど、レーシングスクールとはまったく違う。あくまで公道スポーツとして捉え、実際の公道で展開される内容。その体験談を語る参加者諸氏のコメントはVoiceにあります。お叱りや提案も含め、こうした皆さんのダイレクトな声がtsujiの励みです。
>>>>>>>>>>>>>>>Voice

2012年の開催計画 □□□□□□□□□□□
★??月??〜??日(伊豆)  ★??月??〜??日(伊豆)  ------ continue