☆2007年型ホンダMotoGPマシン発表



 ホンダは10月31日、ロードレースの世界最高峰であるMotoGPにおいて2007年シーズンを闘う新型マシンを発表した。新たなレギュレーション(総排気量800cc以下)に合わせ、エンジンはV型4気筒としている。ワークスマシンゆえ詳細についての説明はまだないが、今まで率先して最先端技術を公開してきたホンダのことだ。いずれ様々なメカニズムが公のものとなろう。来シーズンが終了したときにはかなりの情報が公開されるのでは、と期待する。表面的には一般的なV型4気筒になったとはいえ、ホンダのことだ。エンジンにしろシャシーにしろ制御関係にしろ、斬新なものがふんだんに盛り込まれていると思われる。
 以下に、本田技研工業より発表されたリリースを、ほぼそのまま掲載する。

*************以下ホンダのリリース***********

2006年10月31日

 Hondaの子会社である(株)ホンダ・レーシングは、現地時間10月30日午後6時30分にスペインのバレンシアサーキットにて以下を発表いたしましたので、その内容をご案内いたします。

二輪ロードレース最高峰クラスに挑戦する800ccプロトタイプマシンを発表

Hondaは、2006年二輪ロードレース世界選手権最終戦が開催されたスペインのバレンシアサーキットにおいて、2007年シーズンに参戦する800cc・4ストローク・V型4気筒エンジン搭載のニューマシンRC212Vのプロトタイプを発表しました。ロードレースの最高峰クラスであるMotoGPは、レギュレーション*1の変更により、2007年より排気量の上限が990ccから800ccへと変更になります。
 RC212Vという名称における“RC”はHondaの4ストロークグランプリマシンを意味し、“212”は21世紀における二代目グランプリマシンを意味しています。また末尾の“V”には、(1)V型エンジン、(2)VICTORYの頭文字という意味を持たせています。
 初代の4ストロークMotoGPマシンとなった、RC211V(990cc・V型5気筒エンジン)は、デビューシーズンの2002年と2003年、そして990cc最終シーズンとなる2006年にライダー及びコンストラクターの両世界選手権タイトルを、2004年はコンストラクタータイトルを獲得しており、990ccクラスにおける最多優勝回数(48回)を達成したマシンです。

■RC212Vベーシックコンセプト 大熊孝則 (株)本田技術研究所RC212V開発責任者
〜ライダーの意のままに〜
 MotoGP第二世代とも言える800ccマシンの開発にあたり、高次元のハンドリングとマシンのコントロール性の追求を最大の目標として掲げました。それらを実現するために、排気量が縮小されたパワーユニットにはレイアウト効率の良いV4を採用することとし、単にトップパワーのみを追求するのではなく、ラップタイムの向上に重要な出力特性にこだわり、低・中回転域での扱いやすさと高回転域での全開加速における出力の両立を、制御系の進化を含めて実現させています。また車体側では、ライディングの自由度を高めるため、RC211Vで培ったマス集中パッケージをより進化させ、クイックなハンドリング特性を目指しています。また、マシンの外観も我々の目標とした運動性能と空力性能を両立する、新時代に相応しいアグレッシブ且つ斬新さを表現しています。2007年シーズン開幕まで、またシーズン中もマシンを進化し続けて参ります。

■RC212V プロトタイプ スペック
 全長       2050mm
 全幅       645mm
 全高       1125mm
 ホイールベース  1440mm
 最低地上高    125mm
 車両重量     148kg以上
 エンジン形式   水冷4ストロークDOHC4バルブ V-4
 総排気量     800cc
 最高出力     N/A
 フレーム形式   ツインチューブ
 タイヤ(フロント)16.5インチ
 タイヤ(リア)  16.5インチ
 サスペンション(フロント)テレスコピック式
 サスペンション(リア)ニューユニットプロリンク
 燃料タンク容量  21リットル


*1: FIMレギュレーション(規則) 4ストロークに関する変更部分のみ
・排気量は800cc以下(現行は990cc以下)
・最低重量は2気筒以下133kg、3気筒140.5kg、4気筒148kg、5気筒は155.5kg、
6気筒以上163kg(現行は3気筒以下135kg、4・5気筒145kg、6気筒以上155kg)
・楕円ピストンは使用禁止(現行は楕円ピストンは1ランク上の重量カテゴリーを適用)

<以上>