☆ホンダが二輪車リサイクル費用を発表

 7月5日ホンダより、二輪車のリサイクル費用に関し、具体的なユーザー負担金額の発表があった。
 様々な商品のリサイクルに関する規定が成立しつつある昨今、バイクとてその例外ではない。これは避けて通れない、我々がこなすべき義務であろう。
 ただし今回のリサイクルフォーマットは、法規制される以前のものであり、ホンダに限らず国内メーカーや輸入業者が行う自主的なものである。いずれ法制化されるであろうが、その土台を自主的に作るところに価値を感じる。当然ながら今後、ホンダ以外の各メーカーや輸入事業者からも発表があろうが、まずは最初に発表されたホンダのリリースを以下に掲載する。

*************以下ホンダのリリース***********

----------------------------------------------------
●2004年7月5日
「二輪車リサイクル自主取組み」に基づく
Honda二輪車のリサイクル料金を決定
----------------------------------------------------

 Hondaは、国内二輪車メーカー(川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社)および参加二輪車輸入事業者と協力して、「二輪車リサイクル自主取組み」を平成16年10月1日から開始する。
 「二輪車リサイクル自主取組み」は、二輪車の安定的なリサイクルの実施に向け、メーカー、輸入事業者としての社会的責任を果たすために、関係販売店様などの協力を得て、二輪車業界各社が自主的な取組みとして世界に先駆けて開始するものである。「二輪車リサイクル自主取組み」が10月1日から開始されるのに先立ち、Hondaは廃棄処分を希望するユーザー(以下「ユーザー」)から二輪車を引き取る際に、負担をお願いする二輪車リサイクル料金(1台当たり)について下記のとおり決定した。

●リサイクル料金 4,120円(消費税抜き 3,924円)
 ※廃棄二輪車取扱店様が別途設定する二輪廃棄車輌の収集費、指定引取窓口までの運搬費等は除く

 「二輪車リサイクルマーク」のない二輪車については、ユーザーは、二輪車リサイクル自主取組みにご協力いただく廃棄二輪車取扱店様や指定引取窓口に備え付けの二輪車リサイクル管理票を使用し、最寄りの郵便局でリサイクル料金を振り込み、廃棄希望二輪車を廃棄二輪車取扱店様または指定引取窓口に引渡すことにより適正にリサイクルすることができる。
 また、「二輪車リサイクルマーク」付きの二輪車については、メーカー希望小売価格にリサイクル費用を含めるため、リサイクル料金のご負担はなく、廃棄希望二輪車を廃棄二輪車取扱店様または指定引取窓口に引渡すことにより適正にリサイクルすることができる。
 今後、国内二輪車メーカー・参加二輪車輸入事業者は協力して、廃車となる使用済み二輪車の引取りが、確実かつ円滑に行われるとともに、二輪車ユーザー及び関係事業者への理解活動を通じて、より一層の適正処理・リサイクルが図られるように、全力で取り組んでいく。

二輪車リサイクルの流れ

お問い合せ先:お客様相談センター フリーダイヤル 0120-086819
(受付時間9時〜12時/13時〜17時)

<以上>