☆2003年型ドゥカティ999R発表


 ドゥカティ・ジャパンより、同社のスーパーバイク・ジャンルの新型旗艦モデル、999Rが発表された。もちろん、来期WSB(スーパーバイク世界選手権)に投入するワークスマシンのベースとなるモデルである。
 その記述を読む限りは、すでに発表されている999シリーズをベースとしている。エンジンは通常モデルよりもボアが4mm大きい超ショートストロークだが、その数字からすると、これもまた従来の998Rベースと思われる。

 ここに発表されたデータは、誰もが予想し得たものだ。しかし、2004年モデルはどうなのだろう? と今から1年先のことを考えてしまうのは僕だけだろうか。来期からは4気筒も1000ccまでOkとなる。ドゥカティが有していたアドバンテージのかなりの部分が消えていく。吸気口制限など、気筒数ごとにどのようなハンデを設けるかは、まだ模索段階。先がよく見えないこの状況において、ドゥカティはとりあえず、従来路線を踏襲した、といったところではないか。そうした複雑な状況の先で、もしドゥカティがMotoGPに来期から投入する4気筒マシン、デスモセディチに限りなく近い市販車を作り上げ、それをWSBに投入するとしたら……。MotoGPのイイカゲンなレギュレーション設定は、やはりなんとかするべきなのじゃないかなぁ、などと考える今日このごろである。

 そんなことはともかく、いくら公道でその愉しさの本当のところはほとんど味わえないとしても、乗ってみたい、できれば所有してみたい、と思う人は多いだろうし、僕もそのひとりだ。ネット上だけの限定販売とのことだが、日本人はその「限定」の言葉に弱い。僕も。まあ、400万円近いお金は……。
 なお、ドゥカティはこのリリースで同時に、来期WSBのワークスライダーも発表している。

****************以下ドゥカティ・ジャパンのリリース**************
DUCATI 999R
新しいスーパーバイクシーズンの到来とともに、新しいジュエリー 999Rが生産開始

 998Rに続き、そのかつてないテクノロジー、スタイル、イノベーションのレベルにより、レーシングバイクとプロダクションスーパーバイクの両方において時を移さずベンチマークとなることだろう。
 単なるレーサーレプリカではなく、かつてのかけがえのないマシンに取って替わる、ドゥカティの新時代を代表するこの素晴しいマシンを手に入れるオーナーは非常に幸運である。

 2002年11月14日、バーミンガム:高性能モーターサイクルのリーディングメーカーであるドゥカティモーターホールディングS.p.A.社(ニューヨーク証券取引所:DMH、イタリア証券取引所:DMH)は、本日、英国・バーミンガムのNECで開催されるインターナショナルモーターサイクルショーにおいて、新型ドゥカティ999Rのローンチを行うと発表した。
 2003年WSBシーズンに参戦するドゥカティコルセのスター、ニール・ホジソンとルーベン・ザウスが感じるのと同じような興奮をライダーにもたらす999Rは、まさに他に比較すべきものがないマシンである。
 生産台数は、最大800台である。
 トップブリッジには、シリアルナンバーが刻まれたシルバータグが装着され、この世に2つとないマシンであることを主張する。
 予約は、ドゥカティ社の公式サイトwww.ducati.comにて、2002年12月上旬より開始される。車両本体価格は、30,000ユーロ (奢侈税等含まず)、レーシングキット及び証明書付き。

●技術特色:
・ 999cc“テスタストレッタ”エンジン 
最高出力 139HP(ボア 104mm;999及び999Sは100mm)
・ レーシングタイプの鍛造ホイール
・ ラジアルマスターシリンダー
・ ラジアルマウントキャリパー
・ 倒立フロントフォーク(ラジアルキャリパーマウント)
・ マグネシウム合金ヘッドライトサポート
・ カーボンファイバー製フルフェアリング

ワールドスーパーバイク選手権で使用される999Rも上記のコンポーネントを使用する。
レーシングキット(付属):シングルサイレンサー、特別に開発されたCPU、リアパドックスタンド、専用バイクカバー

●主要諸元
SUPERBIKE  999R
◎エンジン
形式  L型2気筒テスタストレッタ 4バルブデスモドロミック、水冷
排気量 999cc
ボアXストローク 104x58.8mm
圧縮比 12.3:1
最高出力 102kW - 139HP /10000rpm
最大トルク 108Nm - 11Kgm /8000rpm
燃料システム マレリ製電子制御燃料噴射54mmФスロットルボディ
排気システム 触媒付スチールシングルサイレンサー
排気ガス対策 Euro2

◎トランスミッション
ギアボックス 6速
変速比 1速2.467、2速1.765、3速1.400、4速1.182、5速1.043、6速0.958
一次減速比 ストレートカットギア;減速比 1.84
最終減速比 チェーン;フロントスプロケット15T、リアスプロケット36T
クラッチ 乾式多板油圧式

◎シャーシ
フレーム ALS450スチールパイプトレリスフレーム
ホイールベース 1420mm
キャスター 23.5°−24.5°
ステアリング角 左右28.5°
フロントサスペンション オーリンズ製TiNコートフルアジャスタブル倒立フロントフォーク(ラジアルキャリパー)
フロントホイールトラベル 120mm
フロントホイール 新型Y字5本スポーク 鍛造軽合金3.50x17
フロントタイヤ 120/70 ZR17
リアサスペンション プログレッシブリンク オーリンズ製アジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル 128mm
リアホイール 新型Y字5本スポーク 鍛造軽合金5.50x17
リアタイヤ 190/50 ZR17
フロントブレーキ 320mmФセミフローティングダブルディスク、4ピストン4パッドラジアルキャリパー
リアブレーキ 240mmФディスク、2ピストンキャリパー
燃料タンク容量 15.5L(リザーブ3L)
車重 *  193Kg
シート高 780mm
全高 1110mm
全長 2095mm
インストルメント 速度計、回転計、ハイビーム表示灯、方向指示器表示灯、油圧低下警告灯、燃料レベル警告灯、ニュートラル表示灯、水温警告灯、イモビライザー表示灯
ワランティ 2年間距離無制限
タンク・フェアリングカラー レッド
フレーム・ホイールカラー フレーム:メタリックグレー、ホイール:ブラック
バージョン モノポスト
*車重は、バッテリー、油脂類、冷却水を含む。


●ドゥカティ社について
1926年に創立したドゥカティ社は、固有のエンジン特色、革新的デザイン、先進エンジニアリングに特徴づけられる、レース生まれのモーターサイクルを製造する。過去12回行われたワールドスーパーバイク選手権で、10回のタイトルを獲得し、他の多くの選手権においても数々の勝利を収める。仕様、デザイン、対象顧客の異なる4カテゴリー(スーパーバイク、スーパースポーツ、モンスター、スポーツツーリング)のモーサーサイクルを生産し、西ヨーロッパ及び北米を中心とした世界40ヶ国以上において揺るぎない実績を得る。詳しくは、ドゥカティ社公式サイトwww.ducati.comをご覧下さい。
<以上>