☆2月8日 厳冬期ツーリングパーティー



 SALIDAの新年度は厳冬期ツーリングパーティーで開けるという恒例企画であります。
 冬はね、空気が澄んでいてじつに気持ちがいい。景色は最高だし、ちゃんとしたウエアさえ着てれば切れるように冷たい風が顔に当たるのもかえって心地よいというもの。tsujiは寒がりではあるが冬のツーリングは大好きなのだ。よーするに個人的趣味企画かな。
 というわけで参加者を募集したら15名ほどが参加表明してくれた。だが、なななぁーーーんと当初の決行予定日直前に仕事の指令が。普通だったら、いくら仕事だって断る。SALIDAのイベントは前々から決まっていたのだから。がぁぁぁ、緊急事態でして……やがて雑誌を見れば見当つくと思う。とはいえ、みなさんにはカンケーないっすよね。15名様、ゴゴゴッごめんなさいぃぃぃの電話しまくり。特例だと言いつつ、昨年も似たようなことをしたような気も……気のせいですね、忘れましょう。
 んで、急きょ1週間延期して開催することに。んまぁ、こんな勝手なことやったんだから、参加者はせいぜい5〜6名かなぁ。と思っていたら、次々に応募が。あ、ありがとうございますぅ。なんだかんだで、tsujiを入れて総勢20名の大所帯となったのであ〜る。
 ツーリングの目的は裾野市の蕎麦屋へ行くこと。まあ目的なんて口実にすぎなくてさ、要するに走りまわればいいんだけど、目的があると一応なぁ〜んとなくカッコがつくってだけのことさ。
 当日は快晴に恵まれ、景色は最高、富士山最高、参加者諸氏の笑顔も最高。ただぁし、写真がひどいことになってしまった。tsujiがデジカメのISO感度設定をミスって、どれもこれもノイズがひどくて荒れ荒れ荒れの全滅状態。ゴゴゴッごめんなさいぃぃぃ。なんか謝ってばっかだなあ。汚い写真ではありますが、このパーティーの情景を思い浮かべるヒントにしてくだされぃ。
 それはそれとして。
 多くの方々が参加してくれたこと、新しい出会いがたくさんあったこと、常連大多数ではないのに有志が協力してくれてサクサク走れたこと。などなど、tsujiはとっても嬉しい1日であった。さてさて、今年もいっぱい遊ぶぜ。


●まずは箱根&芦ノ湖スカイラインでお散歩

 足柄S.A.と御殿場I.C.で集合したご一行様は、乙女峠だの仙石原だのを駆け抜けつつ湖尻経由でスカイラインへ。御殿場からダイレクトに長尾峠へと登る道はこの季節、ヤバイとtsujiが判断してのルートだった。まあ、間違いではなかったでしょう。あのタイトコーナーが連続する道は日当たりが悪く、凍ってることが多々ある、大量の凍結防止剤散布も問題なのだよ。
 んで、箱根スカイラインと芦ノ湖スカイラインの接続点、湖尻峠までご案内したところで、各自勝手にお走り遊ばせ、といつものSALIDA流に。ただぁーし、日陰は凍ってる可能性がありまっせ、凍結防止剤も大量にまいてあってこれも滑りまっせ、覚悟のほどよろしく! とさんざん脅かすtsujiでありました。案の定、上の右写真見たって分かるように、日陰には雪もあった。
 脅かしておいてよかった。全員、何事もなかったです。tsujiの場合、ここは仕事場で日常的に走ってるから、どこがどのくらい凍るか滑るかは見当がつくんだが、たまにしか来ない人はお調子ぶっこいて撃沈しかねない。

 シーズン中ならガンガン攻められるのになぁ、とぼやき気味の武闘派も当初はいたみたい。確かに、ここは関東の走り屋定番バトル会場。が、気持ちを切り替えれば、このシーズンの両スカイラインもオツなものでしょうが。紺碧の空や透き通った風を味わいながらゆったりと流すのも、いいでしょう? 周囲に広がるでっかいスケールの風景もなかなかです。
 集合場所に指定した絶景ポイントでは、みなさんもそこんとこ、分かっていただけたようで。たとえばトップ集合写真の場所では、富士山まるごと独り占めだし、眼下には裾野市を一望。トヨタのテストコース全景も丸見えだって。そして上の写真は、芦ノ湖を一望するポイントでのスナップ。必死こいて走りまわってると、こういうの見落とすんだよな。攻めるばかりが峠じゃないって。走るだけがツーリングじゃないって。

 箱根スカイラインを御殿場側に抜け、次にtsujiがご案内したのは茶店。長尾トンネルの脇にあるこの茶屋は、まあ熟練単車乗りなら知る人ぞ知るってとこかな。電気もガスも水道も電話もないし、建物はまったく豪華ではない。けれど、その歴史ある風情、富士山は見えぬが芦ノ湖や大湧谷をすっかり見渡せるロケーション、店内の不思議と落ち着く居心地、そして店のママさんの人柄。多くの観光客が通過する道とはトンネルを挟んで反対側なので、人気も少なくて静か。tsujiのお気に入りなのですよ。ときには狸も遊びに来てくれるんだ。見晴亭といいます。ですがぁ……。


 普段はヒジョーに落ち着いた閑静な茶屋なのではあるが、この日は様相が違ってしまった。原因は、我々である。けして大きな店ではないのに、いきなりSALIDAご一行20様のご到着だぁ。これだけバイクが停まっていると、ほかの客は入ってこないでしょう、ゴメンねママさん。

 SALIDAの面々が店内占拠の図。じつはね、我々が到着したとき先客が数名いたのだが、呆気にとられて退散してしまったのだよ。まあ、先客諸氏はしばしくつろいだあとのようだったし、勘弁してください。そしてSALIDAの衆よ、いつもは絶対にこういうムードではないからね。いずれ少人数とかソロとかカップルで来て、本来のたたずまいを味わってください。
 しかし、楽しそうでしょう。この狭さがよかったと思っている。初顔合わせも多数いたのだが、この距離の近さだから人間距離が一気に縮まる。走りまわってるだけじゃ、そうはいかない。tsujiの計算はまんまと当たった……と思っている。


●絶景快走道路で蕎麦屋に突撃

 茶屋で一服ののち、裾野市へ向けて直滑降して蕎麦屋へ。文字通りガンガン一気に急降下するタイトコーナーの連続なのだが、この道が完璧凍結状態じゃないことは調査済みだった。地元原住民が前夜01時! 実踏調査していたのだよ。
 ここからは、その原住民たるパンク氏が大活躍だ。20名の大行列が途切れたり迷子排出せぬ程度に必殺近道を抜け、最高に気持ちいい道、最高の景色の道、この人数でも適度にブッ飛ばせる道を、次から次から次から次へと快走、快走快走快走快走快走快走!  上の写真のあたりもね、最初の蕎麦屋への行き道では逆向きに走ったんだ、本当は。つまり、ド正面にデッカイ富士山を眺めつつブッ飛ばしたわけ。蕎麦屋への最短ルートではなく、計算された設定。パンクの気配りはすごいね多謝。先頭のセロー号に乗ってるのがパンクだよ。

 そして蕎麦屋へ到着。この店、道からは見えなくて貧相な看板があるだけだし、駐車場から撮ろうとしてもご覧のとおり巨大な瓦屋根しか写らない。東北にあった豪農の家屋を解体運搬再構築した立派な建物で、内部も風情があるのですがね。
『蕎山坊』(きょうざんぼう)といいます。電話=055-998-0170
 まあ、詳しくは『ツーリング情報』のページにパンク氏がアップしているので検索してみんしゃい。

 蕎麦通には知られた店らしく、週末ともなればけっこう混むのが常。もちろん、こうしたロケーションの常識として週末の予約は受け付けない。がぁ、パンク氏の顔で席が確保されており、SALIDAご一行20名様は即座に着席できた。しかもだよ、ここは注文を受けてから蕎麦を打つというシステムにも関わらず、事前にケータイで連絡してあったから、蕎麦もサクサクと登場した。またまたパンク氏に多謝。
 その蕎麦ですね。左端は鴨蕎麦。見た目は醤油辛そうだが、食ってみるとそうでもない。油っぽくもない。この温かい蕎麦は太麺がなかなかイケてた。中央は、細麺と太麺の合い盛り「2色」の天せいろ。太麺の太さが半端じゃないのが分かるでしょう。初心者はまずこれを注文するのがいいと思うよ。細麺だけだと、もちろん確かに旨いのだがtsuji的にはインパクトがもうひとつかな。そして右端は、パンク氏のお薦め「鴨焼き」だい。

 というわけで、この日のメインイベントである。SALIDAの衆はよく食う。どんどん食う。歓談などしつつも、蕎麦を口へ運ぶ作業に手は抜かない。かなりの人が大盛りを頼んだような気がする。さらに……。  そうそう、写真は相変わらずノイズがひどいですねぇ、加えてストロボも最小限しか使ってないので荒れが目立ちます。でもね、ストロボ使うとこの店の日本家屋らしいムードがぶち壊しになるんですよ。ホワイトバランスもかなり狂ってるが、でも色は修整しなかった。何となく、店のムードが伝わる……でしょ? 重厚な木材の質感が???

 そうそう、食い気の話。たとえばコイツ、KURA。最初は大人しく鴨蕎麦だけ食っていたのだが、気が付いたら追加注文して細麺せいろなどを食っている。よく食うねぇ、ってtsujiも似たようなパターンだったのだが。ま、蕎麦は腹にもたれません、もたれにくい、もたれないはず。なんだけどさぁ、ここの蕎麦は根性入ってんだよな。


●さらに千本松原などもお散歩

 蕎麦で食欲を満たされた面々は、腹ごなしに周辺をひとっ走り。富士の絶景で心も満腹になったところで、仮解散とした。早く帰りたい人、栃木など遠くからやって来た人もいるからね。
 まあ、SALIDAのイベントはだいたいこんな感じが多い。規律正しく整列して走り続けるとか、常に全員がそろってなければならないとか、そういう規制は極力避けてる。完全に身勝手じゃパーティーの意味がないけれど、それぞれが大人の判断でコアタイムを愉しむってところかな。走りのペースも体力も人それぞれなんだから、それでいいじゃん。
 んで、仮解散はしたが走り足りない面々も当然いるわけで、有志は沼津方面へ行くことになった。まずは千本松原へ、というのが上の写真。駿河湾の海岸は少々風が強かったけど、相変わらず天気は上々。浜でちょっと遊んでから記念写真など。風で髪の毛ビュンビュンだが、みなさんいい顔してますね、風が日常ストレスを吹き飛ばしたのでしょう。そうそう、髪の毛剃っちゃえば風なんかカンケーなくなるぜ、お薦めします、ちょっと寒いけど。ここでも富士山はきれいに見えていたな。ドップリ富士山とすごした一日という感じだったよ。

 さらにご一行は、沼津港の市場へ。あちこちの店を冷やかしつつ、お土産など買う人もいた。tsujiのお薦めの店なども紹介したのだが、メンバーの巨匠もここは土地勘があるらしく、新たな情報が得られた。ここは観光客も多いが、なかなかのスポットもあるのだよ。買い物系でも食堂系でも。ツーリング情報に載っている鰯屋もそうだし、右端の写真に写っている丸天も悪くない。丸天はwebサイトも持っていて、それは>>>ここだ。
 といってもねぇ、今日の面々はまだ蕎麦を完全には消化し切れていない。鰯屋へ行こうとか、丸天を調査しようとか、そういう輩はこの日はおりませんでしたとさ。

 鰯は食えないが、アイスクリームなら食える。そうそう、甘いものは別腹。んじゃ行こうか。
 ということで、やって来たのは沼津市内のローマンホリデー。ここのアイスはなかなか上質で、tsujiはここを通るたびに寄っている。甘いもの、とはいってもここのはベタベタ甘くはなく上品。舌にへんな味が残らず、スルッと喉を通る。寒いのにアイスかって? そーいうもんじゃないでしょうアイスクリームの本質は。てな高尚な話じゃなく単なる食いしん坊連中ということですがね。
 なお、この店ではケーキ類も売っているんだが、右端の亀石週一氏はなんと、スポンジベースに生クリーム盛りの、いわゆるケーキを購入。バイクで持って帰るってかぁ? と一同は心のどこかで亀石氏ではなくケーキを心配しつつ、それぞれが勝手に帰路へついたのでありました。


●参加者のご紹介

 今回の厳冬期ツーリングパーティーに参加してくれた方々をご紹介しましょう。初顔合わせも多々あって、ちょっと遠慮気味だった人、さっそくネットワークを築いた人、後日に新たな知り合い同士で走りに行った人なども。レポートを送ってくれた人はそれを添付してあるけど、今回はレポート回収率が高かったな。このツーリングから帰宅直後に掲示板へカキコしてくれた人もすごく多くて、そのコメントも一部使わせてもらったぞ。
***********************************************************


■Fucci お初です。さて乗ってきたバイクは、どっかで見たような……。と思ったら、まあ知る人は知るモモちゃんのではありませぬか。このイベントレポートの過去ログをめくると何度か登場しているのだがね、たとえば01年の磐梯吾妻爆走パーティー。モモちゃんは、彼の義理の母上なのだそーだよ。モモちゃんよりはずっと大人しそうだ今後ともヨロシク。じつは、この日の朝はモモちゃんも足柄まで来たんだが、急用ができて集合だけして解散。ご両人とも、また遊びにきておくれ。
***********************************************************
借り物のZRXで初参加させていただきました。
(編集注:母上からバイクを借りるってのは、普通にはあまりないことだと思うよ羨ましいねえ)
初心者かつ初参加ということで緊張気味でしたが(編集注:ほんと借りてきた猫みたいだったなぁ、連れてきた人がいきなり消えちゃったんだから仕方ないか)、
でもアットホームな雰囲気で楽しく走ることができました。(編集注:そりゃよかった、今度は本性を出しておくれ母上に内緒で)
また参加の折はよろしくお願いいたしますっ


■Shino@千葉 お初、ではないらしい。昨年の千葉研究会/竹岡式&焼蛤バージョンにチョロッと顔を出してくれたらしいが、レポートに写真はほとんど写ってないと思うよ。まあ、これを機にどんどん遊びにきてください。これでまた千葉軍団増殖か?
***********************************************************
以前、竹岡式にほんの少しだけ参加いたしましたが、実質的には今回が初参加でした。 (そうそう、何度かお話しした感じでは初参加でちょっと緊張気味に感じましたよ、とくに蕎麦屋に至るまでの午前中は。でもだんだん……。そういえば、ゴリも最初は話すこともできなかった、今じゃ考えられないけどねぇ)
今日はとっても寒くて、路面の凍結は怖かったんですけど、
でも久しぶりに箱根(の近所)を走れた。蕎麦も美味かった!
多くの方々の様々なバイクと一緒に走れたのもよかった。
いろいろな楽しいお話も聞けてとても楽しかったです。
ぜひまた、参加させていただきたいと思います


■丸屋@千葉 お初です。なかなか繊細そうで礼儀正しそうな方ですが、でも千葉軍団です、まだ入隊はしていないらしいが。それに烏賊川椎の友人です。さらにカタナ乗りです。ちょっと手強いかもしれないと、tsujiは身構えている今日このごろ。しかし、烏賊川椎はSALIDAイベントに一度も参加しないなぁ、ってこの厳冬期の当初の日程には参加希望だったんですよねゴメン。tsujiはとにかく一度、烏賊川椎をSALIDAで紹介したいのだ。彼のおかげでこのwebサイトは誕生したんだよ。まっ、そんなことはどーでもいいや。
 丸屋さん、今度はドップリ一緒に走りましょうぜ。
***********************************************************
当日はハラハラ・ドキドキ、そして美味な一日をすごすことができました。御礼申し上げまするぅ。
正直言いまして、白い路面を見たときは退き返そうかと思ったんですがね、落着いて走れば何とかクリアできるものですね。(編集注:あの白いのは、多くが氷ではなく霜とか、あるいは凍結防止剤だったと思うよ、僕がみなさんより先にスッ飛んでいって確認したけど、それほど恐ろしい状況じゃなかったんだ)
 いい経験になりました。でも、今後あの状況に独りで行くことは絶対にないでしょう(苦笑)。
 学生時代を山梨県で過ごしたので富士山そのものは珍しくなかったのですが、裾野から見る雪化粧の富士は本当に美しかった。
 今後は防寒装備の予算を計上して、もう少し快適&気軽に冬のライディングを楽しめるようにしたいと思っています


■ゴリ@千葉 超はにかみ屋。超人見知り。昨年のこの時期、初めてSALIDAのイベントに来てくれたときには、その繊細さにtsujiはものすごく気を遣ってしまった。といういことだったのだが、今や千葉軍団を組織しその中核に君臨する大王様であ〜るぞよ。今度の千葉研、よろしくね。
***********************************************************
感動した!
 何に感動したかというとそれは、風味が強くやたらとコシのある蕎麦ではなく、狸に会えずがっかりした峠茶屋でもない。先導パンク氏と末尾の三角木馬氏(編集注:さかもと)の連携プレーにより、少なくない台数をしっかりまとめたことに感動したのです。昨年の千葉研とは大違いだぁ、でへっ。「こうでなくちゃいけねえよなぁ」と、感心しながら走った1日でした。
 あっと、本題の蕎麦ですが、太めはっきり言って失敗でした。風味は申し分ないのですが、なんせコシが強すぎる。まわりの人たちは、細めの蕎麦をズッズズズズ〜〜ッと見事な吸気音を響かせ食しているのに、自分ときたらズッ、ヘゴッヘゴッ、ケハッ。んだっこりゃ〜ぁ!エアクリーナーの詰まったような無様な音だぁ〜〜〜。(編集注:ツルツルだけが蕎麦じゃねーぞ、今度福島に連れて行きたい)次は絶対細め注文だっ! しかし太麺は、温物の汁系はいいかも(編集注:そうそう)。
 富士山最高でした。あれほどの美しさにも拘わらずゴミが原因で世界遺産に成れないとは……。峠茶屋も良かったなぁ 店構えなど趣もよいが、人がいい! また寄ってみるべ〜。厳冬ツー、計らずも去年と同じ日付になった。一年の計は厳冬ツーにあり(字、間違ってないかなぁ?)。今年の目標はサリダ忘年会に出る事でぇい。
*************以下BBSカキコ
 蕎麦屋で、部長さんが“BMWのGSが1200になって重量が30kg軽くなり……”と話されているのを聞きた。その後、辻さんに「1200を買う算段してるの」と聞かれて、え〜〜っ、して無いっすよ。買いません買いません。今のR1100GS、今年の8月で丸6年。その間、1150になりアドベチャ−が出たりと様変わりしましたが……1200は重量が大幅ダウン……でも、買えませ〜ん……(編集注:物欲葛藤部分は大幅に省略)。
 高いシートも今となっては「今更ど〜でもいい」ってなとこです 開き直るほどコロコロ立ちゴケしたし。じつは、なんの拘りもポリシーもなく10万キロ目指してます。そしていつか若者に「何すかぁ、このバイク」と好奇の目で見られるポンコツに成り下がるのが目的地です


■秋@VFR 一年ぶりぃ。昨年の「伊豆花見Last」以来です。こうやって、年に1回だけ会うというのもなんだかいいなぁ。ちゃんとSALIDAのこと忘れていなかったってことですからね。とはいえですよ、基本的には土日が休みではないらしいですが、今年はもう1回くらい遊びにおいでよ。
***********************************************************
晴れた空に白い冨士、気持ちよかったー!!! 日頃の憂さも吹っ飛びました。
 とくに、長尾峠から下って、東名を過ぎてから蕎麦屋さんまでの道、先導していただいたのでどこを走ったか全然わからない覚えてないのですが、左右が開けて視界の中に常に富士山があってとても気持ちのいい道でした。普段、ちょっとひとっ走りであんなシチュエイションのなかを走れたらいいよな〜。今度あの辺りの道を少し探索してみようと思っています。
*****************以下BBSカキコ
 ところでGSいいですね〜。
 初めてGSが欲しいな〜と思ったのは中学の頃だったかな。1100が出たときにも別モの記事を読んで欲しいな〜って。また去年あたりから欲しくなっちゃいました。
 なんと言っても一番は、そこらのオンロードモデルに引けを取らないロードでの自由自在で楽しめるハンドリング。ただ、あと20kg軽くて、3500rpmくらいから気になってくる振動が一度だけ乗ったことがあるOHVフラットツインのように回すほどスムーズになって、あと50万円安かったら最高なのに、なんて思ってました。で、新型20kgどころか30kgも軽くなって! でもカタチはカッコ悪くなっちゃったな〜。
 BBC誌のBMW特集のときに辻さんの書かれたコラムを読んでから、自分も本気で惚れられるバイクに出会いたいと思ってますが、まだそういう相手には巡り逢えません。新しいGSがそうなるかな? 楽しみです


■部長 常連であります。が、悲しいかな某世界企業の中間管理職でしょっちゅう東南アジアに飛ばされ、徹底的にこき使われています。世界規模でのリストラを発表した会社なので、抵抗はできません。
 常連ではありますが、いつも乗ってくるBMWのR1150GSは、今回は家に置いてきた。乗ってきたのは、中古で買ったばかりの02年型YZF-R6。いい買い物したじゃん! 昨年の勉強会→勉強会ACT受講でスーパースポーツに目覚めたと言っている。それもあろうが、この手のヤツに乗れなくなる前に乗っておこうという焦りも見えまっせ。
***********************************************************
今年もだめかと思ってた厳冬期ツーでしたが、開催延期と海外出張延期により参加すできました。すばらしい天気で言うことなし! 富士山が本当に綺麗でした。やはりn○oさん(編集注:仙台組の武闘派フリークでGSも所有)がいないと富士山は出てくれますネェ。
 融雪剤(編集注:東北人らしいお言葉、こっちじゃ普通は凍結防止剤っていうんだよぉ)と凍結でワインディングをグリグリというわけにはいきませんでしたが、天気のおかげで各所の絶景を堪能でき満足また満足でした。それにあの蕎麦。田舎蕎麦は顎が疲れますが風味万点で、鴨の浸け汁も言うことなしでした。出発したときの栃木(編集注:単身赴任中)は気温がマイナス4度で、涙と鼻水が止まらず走りにくかったのですが、それをおして出かけた甲斐があったってもんです。いやぁ、本当に景色と季節を堪能しました。
 それはそうと、GSなら帰路もノンストップですが、このバイクでは2ストップ(海老名と蓮田)が必要ですね。ツーリングイベントはGSに限る!
*****************以下は独りゴトつぶやき
 昨年のACT参加以来スポーツ走行ってやつも面白そうだと感じ、いっちょそれなりのバイクを買っちゃおうと物色。R6を購入しましたけど、海外出張やらスノーモビルやら娘の入試やらでなかなか乗る機会がなかったんです。今回のツーリングがほとんど乗り初めみたいなもんでした。やはり、あのスタイルでは長距離ツーリングは辛い。帰ってから、首、手首、肩、太ももの裏側、股関節付近に違和感がいっぱいで疲れてました(編集注:それ、お歳っていうことだぁね)。これからR6とお友達になっていきます。なにせ生まれて初めてのレプリカ系バイクですから……不安


■りぼー@船橋 お初です。またまた千葉軍団増殖の気配でありまするぅ。けっこう気さくなヤツで、これからは一緒に遊ぶ機会が増えるんだろうな、と思ってるよ。でもさぁ、写真を見てるといつもネックウオーマーで顔が半分隠れてるんだよな。誰かに追われている……ってわけではなさそうなのだが。暖かくなったら、シッカリ顔を見せろよっ!
***********************************************************
昨年まで横浜に住んでいたので、箱根方面は冬以外にはよく走りに行っていたんですが、冬は初体験でした。あんなに晴れていて天気が良かったのに、凍っている路面がちらほら……。大人しく走りましょう。  やっぱり箱根、伊豆の走りを楽しむのは3〜4月ころまで待とうと思います。しかし当日の富士山の雪景色は最高でした。真っ白な雪化粧の富士山はホント感激です。  SALIDAのイベントは初めての人でも気軽に参加できる雰囲気がいいですね。走る方も、各自のペースで走ればよいというのが◎。  なんか千葉方面の方が多いらしく嬉しいですね。(編集注:そうなんだよ急増中)去年、船橋に引越ししたばかりなので近場にバイク仲間がいないんですよ。今後も千葉組として混ぜてもらいますのでよろしくお願いいたします。  それはともかく、みなさんとのツーリングから早めに帰ってゆっくり体を休めようと思ったんですが……。嫁の買い物にホームセンターまでカリ出されました。男はつらいよ(-_-;


■巨匠 昨年、忘年会で初めてお会いして、こりゃぁ〜たいした野郎だと期待を持ったのだよ、tsujiは。その期待に応えてか、やってきてくれました走行系SALIDAミーティング初登場であります。まあそのデカイ顔は忘年会レポートにいっぱい登場しているけどね。とにかく楽しいヤツで、でも礼儀はシッカリ(いまのところ)であります。これから本性を出していくでしょう。
***********************************************************
SALIDA走り系初参加でしたが、とても楽しかった。  多勢でのツーリングなのに、皆さま集合時間を厳守でびっくりしましたよ。普通、これだけの大人数だと遅れたりする人が何人かいるものですが、本当にびっくりしました。自分は、予定通り10分前に到着しましたがどんけつでしたもの。(編集注:たまたまですよ、たまたま。そんなに規律正しい集団ではありません当webサイトは)  また、ツーリングで何事も起きずによかったです。これも、辻さん、パンクさんの先導のおかげです。(編集注:先導以外にもいろいろと配慮はしてますがね、事件が起こるときもあるのがツーリングだよ覚悟しといてね)  お蕎麦もよかった。田舎蕎麦は非情〜に変わっていて、いい思い出になりそうです。天候もこの時期にしては暖かく最高でした。それにも増して最高だったのは、富士山の美しさです。久々にあれほどの富士山を見る事が出来、感動ものでした


■KURA もはや常連です。昨年、某一流企業にめでたく技術者として就職しました。これからビシバシ虐めようと思ってtsujiは策略を練っているところ。シャイなようでいて、けっこうスットボケるのもうまそうなので出世するかもしれない。四国人で、いつかは、うどんツアーを任せたいと願っている今日このごろ。
***********************************************************
厳冬ツー参加の皆さま、お疲れ様でした。
 お昼に蕎麦を食べ過ぎてしまったために、 鰯が食べられなかったのがとっても残念ではありましたがぁ、 (編集注:アンタ昨年の厳冬期で鰯をたらふく食べたでしょう、贅沢を言ってはいけません、あの店が未体験なのに今回は涙を呑んだ方々もいらしたのですからね、ったく大食漢なんだから)
天気は1日じゅうず〜っとよくて、富士山などの景色といい空気の旨さといい、とても素晴らしかった。
それに美味しい蕎麦とアイスが食べられたし(編集注:やっぱり大食漢だこいつは)。
もう大満足の1日でした


■Shunsuke お初です。遠くは岐阜から来てくれました。某巨大企業でヒコーキの機体設計をしているそうな。なにせ当webサイトのサーバーはaerodeviceではありますが、tsujiは全然マニアではなく詳しいことは知らないし、烏賊川椎に聞くのも悔しいし、今度いっぱい教せぇーてください。カワサキの636を愛する素敵なヤツです。
***********************************************************
学生のときからの友人(編集注:KURAのこと)に誘われて今回、初めて参加させてもらいました。
 金曜の夜に家を出て福島まで土日で2000km走った、とか聞いていたので、どうなるんだろうと半ば心配して、半ば楽しみにして参加しました。
 友人と国道1号→246号を走って、御殿場インターでみなさんと合流したときは、バイクの数が多いことに少々驚きました。箱根のワインディングは、ちょっと路面が怖かったですが、冷たく引き締まった空気と、澄んだ空、美しい山の中を走りまわれて、とても気持ちがよかったです。
 静岡出身で東京にも住んでいたのに、箱根にはあまり行かなかったんです。もっと行っとけばよかった、とちょっと悔やみました。でも、今からでも遅くはないですよね。
 また、今回は初参加だったにも関わらず、みなさんが気さくに話しかけてくださって、とても楽しかったです。次は暖かくなったとき、またよろしくお願いします


■左から、さかもと/グーチュ/きもと@横須賀
 きもとは、昨年のこの時期以来の久しぶりではあるが、何となく常連っぽい存在だね。その存在感、いいです。明るいです。お人好しそうでもあります。さかもとは、キャラ的には硬派ですね。なんだけど、意外とはにかみ屋で、イベント参加メールなんかくれたことはありません、面倒なだけか? 最近、BMWのF650GSからスズキのDR400Z(自称は三角木馬)にスイッチしました。グーチュは、けっこう長いつきあいになるのですかね。真面目好青年ふうではありますが、千葉軍団の一員らしい、最近は。亀有あたりでも顔らしいと情報が入ってきている。ZX-6Rを手放し、何やら物色中でとりあえずはXXに乗っている。みなさん、今度気が向いたらレポート送ってくれよな。
***********************************************************

-----------------------------------------------------------


■Tozzy お初です。23歳の若者というのは、今の世の中でまともにバイクを走らせている人間としてはかなり若い部類に入ってしまう。しかし、周囲のオヤジどもに臆することなく、シャキシャキとした立ち居振る舞い出合ったのには好感が持てた。いいぜ、その調子じゃい。暖かくなったら、一緒にバリバリはしろうぜ!
***********************************************************
 当日はどうもありがとうございました。
 SALIDAイベント、たのしかったです。
 初参加で緊張してしまい、あまり話すことができなかったので、次回はもっと皆様と親しくなりたいです(編集注:それほど緊張しているようには見えなかったんだがね、じゃあ本性を出したらどーなるのか、オジサンtsujiは楽しみですよ)。
 凍結路面は怖怖でイヤイヤでしたが、蕎麦はとてもうまかったので、自分でまたいこーと思っています(編集注:そうさ、自分の意志で勝手気まま自由にどんどん走れよ、それがバイクの基本じゃとここで説教してどーするオヤジ)。
 SALIDAの何かに、また参加の際はよろしくおねがいします


■亀石週一 お初……でもないんだよなtsuji的には。以前に某メーカー系のインストラクション企画で2度ほどお会いしていた。当日、しばらくしてから思い出しましたよゴメン。これを機会に、また遊びにきてくださいな。
***********************************************************
スカイラインの日陰はやっぱり凍結していたが、それより凍結防止剤の塩カルの量がすごい。皆さん慎重なライディングで展望台に到着し記念撮影。その写真をあとで見たら、私は真ん中でえらそうに写っていた。頭が白くて完全なおじさん仕様になっていたのに気づいたのはちょっとショック。辻さんみたいに剃髪するか?(嘘)
 富士山が綺麗でしたね。私は地元に近い場所に住んでいるけど、当日みたいに富士山がダイナミックに見えることは希です。
 で、蕎麦屋へ。出てきました太くて硬いのが! 一口食べようとすると蕎麦なのにすすれない。一口一口かまないと口に入っていかない。なんという蕎麦だ。これではまるでお餅だが、うまい! あごが疲れるけどうまい。しかしツルツルとすすれない。そういうわけで蕎麦を食べるだけで十分楽しめました。
 最後に辻さんがアイスクリームを食べにいくという。店に到着してみれば、ショーウインドウはおいしそうなケーキがずら〜り。これは買って帰らねばとドラえもんのポケットのようなパニアケースからタンクバッグを取り出しケーキを6個買いました。さすがにこの行為は話題を提供したのか辻さんに写真をとられてしまった。ご心配なく、ケーキは6個とも無事に帰宅しました


 以下の常連3名は、掲示板へのカキコのみ。常連になるほど冷たいのねぇ。しかし、それでもヨロシ。みなさん、存在感はシッカリあるからね。youmin様はこのところカフェを開店したのでお会いする機会が減りましたが、誕生会は来てくれるんだよね! 青ロクはACTでしごかれて凹んだみたいだが再挑戦したら? ポン父は近々の千葉研でひとつよろしく!
***********************************************************
■youmin

帰ってからお風呂につかり、生きかえりました。
湯上がりにまたアイスを食べてます(デ×のもと)。
ツーリングは富士山が綺麗に見れただけでも満足、
お蕎麦も天婦羅も美味しかったです。
-----------------------------------------------------------

■青ロク

久しぶりにまじかに雪の富士を見ました。ちょっとだけ感動。
指先が寒さで麻痺しそうになったかいがありました。
そばも天ぷらも美味でした。
鴨もうまかったし(パンクさん、ごちそうさまでした!)。
次がまた楽しみです。
-----------------------------------------------------------

■ポン父

凍結路面にはビビリましたが富士山の眺めは最高でしたね。とくに裾野市郊外からの眺めは「来て良かった〜」と感激モンでした。
パンクさん、ICまでの先導をありがとうございました。蕎麦も美味しかったです。
途中早退のmomoさん、次の機会に一緒に走るのを楽しみにしています。
新規・千葉組?の皆さん、今度は房総ツーリングに行きましょう。
あっ、メロンパンは帰りにお土産に買って帰りました。ウチでは好評でしたよ!
youminさん、また、お魚を食べに行きましょう。千葉軍団の中でも僕だけはツーリストですから誤解しないで下さいね(笑)
-----------------------------------------------------------



■パンク やはり最後は、この人の紹介でシメなければなりませぬ。当初の開催予定日の2月1日は主催者のtsujiがドタキャンしたにもかかわらず、それでも参加したいという烏賊川椎軍団を率いて蕎麦屋とその周辺をご案内。そしてだよ、延期開催日の前日というか当日の夜中に、ルートが凍っていないかどうか確かめに出撃。原住民とはいえ、頭が禿げる、じゃなかった下がる。んでもって、ホンチャン開催日は娘が熱を出して家を空けられないと言っていたのだが、行ってみれば、いるじゃないですか御殿場I.C.に。家族よりもSALIDAを愛してくださるとは感謝感激雨霰(ゆりえ様=奥方、ごめんなさいっ)。
***********************************************************
厳ツー(だんだん短くしたりして)の皆さん、お疲れ様でした。鴨焼きは旨いし、富士山は綺麗だしでよかったっす。
 長尾峠(トンネルの先のお茶屋さん)からゴルフ場の横を下る道、先週は雪のため全面アイスバーンの部分があったんですが、今日はほぼ溶けてて、避けることができたんでホットしました。
 さすがお天気の神様、テルテル坊主!
 天気と凍結は、普通人たる我々下界の民のばあいはですね、自分じゃどうにもできないもんねーっ。今回は一時停止しなかったんですが、長尾から下り初めてすぐの教会からの富士山は、これがまたすんげえ綺麗なんです。少々凍っていたのでパスしましたが、近くに行かれる際は是非です。暖かくなってからかな。
 お初の方も多かったのですが、皆さんにニコニコ話しかけていただけて嬉しかったっす。千葉にも誘っていただいて、やったぁー! スケジュールが合ったら是非お邪魔させてください。
 つじさん、超ご多忙のところご苦労様でした。ちゃんと寝てるんでしょうか? ぜんぜん関係ないんですが、実家の世話になってるお坊さんの名前は「辻の坊」っつーんですよ。坊主で、辻。何でかなぁ。また、お願いします(編集注:何をお願いするんだよっ、頼まれたくないものもあらぁな)。
 そーだ、青ロクさん、”ゆったり林道ツーリング”、お待たせしっぱなしで、申し訳ありません。オンボロセローが壊れて止まるまでには道を探しておきますので、その節はよろしくお願いします


***********************************************************

■tsuji@SALIDA てなわけで皆の衆、またいつかどこかで。