☆12月30日 2003年SALIDA忘年会



説法僧>2003年ももう終わりか。そろそろ来年の計画など始めんといかんかなぁ。
宴会係>そんなことより目先の問題あるっしょ、忘年会やらないんすかぁ〜。
説法僧>やっぱケジメだからな、やるか。で、誰と誰に声かけるんだい?
宴会係>SALIDAで公募すればいいですよ。
説法僧>そいつは大変だぞぉ〜。誰が来るか分からんし、人数規模とかも予想不能だし、ドタキャンだの何だのもあるだろ……ぶつぶつ(腰が引けてる)。
宴会係>誰が来るか分からないから面白いんでしょ。募集とか仕切りは任せおくんなまし。
説法僧>ごもっとも。よし任せた!
 ってーわけでSALIDA初、公募忘年会の開催が決定。tsujiは参加者募集や各種手配など、たけちゃん@宴会係に丸投げしちゃったのであった。そして当日、期待どおりに、まったく脈絡のない人間たちが新宿に集結したのであったよ。長野県の松本市や、静岡県の裾野市から来てくれた人。すんごい久しぶりの顔や顔。まったくお初の方々も。いや〜、公募してよかった、よかったよかったよかったよかったよかったよかった。
 まあ、要は飲み会であります。きれいな風景とかドラマチックなストーリーなどはまったくありません。その類はこのレポートに期待しないでください。撮ってるほうも飲んだくれているから、写真画質も最低。飲んべえ酔っぱらい写真のオンパレード。それだけです。
 でも、いいじゃんね。思いっきり楽しかった。あっちこっちで新しい人脈もできたみたいだから、メデタイ。以下、そーゆー無節操らんちきパーティーのスナップ写真集じゃぁ〜〜〜。



●第一幕


 まずはシャブシャブ屋(シャブ屋ではない)にて基本の一次会。幹事役たけちゃんの挨拶に始まり、SALIDA開設以来の世話役である部長の号令による乾杯と、世間なみの御行儀を踏んで宴会の始まりであ〜る。一応ね、ケジメですから。
 左写真は、左から常連のyouminさん。カフェを開店し、遊びに来てくれる回数が減ってしまったけど、相変わらず元気バリバリのご様子ですな。OONO君は意外とシャイなところもあるが、これからSALIDAで改造してあげましょう。たかちゃんは、はるばる長野からやってきてくれましたねありがとう。男ふたりは初年組です。みなさん、まだまだシラフで御行儀がよろしい。
 中写真で首を突っ込んでいるのはMC誌編集部のヤス君で、いつもwebサイトは見てくれているらしいが、イベント参加はお初。彼としてはまだこれで正常なんだよね。向かい側は、奥がお初の井石さん、よく来てくれました。その隣が2002年春以来のふじわら君。右端のyoshiさんも初年組ですが、勉強会では熱心だったこと。なかなかの理論派であると同時に、非常に攻撃的な走りでもあります。
 右写真は左側が初年組の、みぃ。勉強会で奮闘しておりましたね、じつはかなり気が強いのであります、表には出さないが。隣は、この手の宴会には絶対に欠かせない夜の女王、ヒロミ。オーストラリアだのモンゴルだのと海外ツーリングの経験は多いのだが、なぜ夜の女王なのかは以下の写真を見れば分かる。何しろ強くて(何が?)ここではぜんぜんシラフ。


 左写真は、目立ってるのがパンク。写真を撮るときいつもポーズ決めに全神経を集中するのだ。じつは非常に繊細な神経の持ち主で気配り精神もたっぷりであることが今回発覚した。横は青ロク。初めて勉強会に来たときなど、初対面の人と一緒に走る自信がない、などと言っていたくらい不安げだったが、その後は仲間も増えて元気ハツラツであ〜る。ともに初年組。
 中写真の左は、腰痛からカムバックし03年から本格的に大型バイクに乗り始めたというThophy。理論派で、けっこう真面目なんですよ、いつもは。しかしその実体を今回見ちゃった気がするtsujiであります。奥は森田さん。ツーリングGOGOの日本一周記事で有名になったから知っている人もいるかな。還暦を機にバイクに乗り始めたという積極性には頭が下がります。96年に某メーカー主催の企画でお会いしてからで、長いお付き合いですね、今後ともよろしく。右はdaisanji7。ずーっと昔に某インストラクション企画で会ってたんだが、福島の勉強会にひょっこり登場。じつに久しぶりであったが、忘年会にも来てくれましたありがとう。
 右写真は、中央ですでに出来上がりつつあるのが部長。酒宴の場では先行沈没パターンも多いけれど、今回はあとの処置が面倒なのでツブさないようにせねば。まだダイジョーブそうだな、ふむふむ。左でカワイコぶってるのは、かをり。走りは大人しいが、女としちゃ非常に強いとtsujiは見ている。少なくとも、少々のことで凹むことはないであろうね。近年、人妻になってバイクに乗る機会が減ったとブツブツ言っておったが、まあ慌てるこたぁねーやな。そして、右から部長に何か仕掛けているのが、たけちゃん@宴会係。たけちゃん、じつは初年組なんですよ。ただし、各種企画への参加回数は03年度ダントツのトップ。オマケにこの忘年会の幹事役まで引き受けてくれました。


 開宴から2時間後、御行儀のいいシラフのうちに記念写真でも撮りましょうか、と声をかけたのだが。誰がシラフなんじゃい! 御行儀はどこへ行った? よしよし、SALIDA的ノリになりましたねぇ。カメラの使い方がよく分かってない、とゆーか、酔っていてセッティングをちゃんとしなかったtsujiのせいで画質が荒れているがお許しくだされ。
 ほぼ中央で、ジャンケン大会にてゲットしたtsujiのメットを頭に載せるは巨匠。お初だったんですがね、じつにノリのいいヤツで、今後がとっても楽しみなよーな不安なよぉーな。その横で、たけちゃんは目玉ひん剥いてますが彼はシラフです。アルコール類は一滴も飲まない。それでも宴会係。それでもノリはほかの連中に負けない、立派! ちなみにtsujiの横で喘いでいるのは、おそれ多くもGSクラブの前会長であーるぞよ。その実体は>>>これだ。そのときの様子を詳しく知るには>>>こっちをクリックするベシ。


●第二幕


 そこそこ出来上がったところで、一次会はお開き。早々に帰宅したい人、別の飲み会へとハシゴする人などは散っていった。それでよろしい。いつものツーリング企画と同じで、それぞれがマイペースで楽しむSALIDA流だからね。とはいえ、本隊はまだまだヤル気。終電までには時間がたっぷりあるぜ、次いこう次。などと集合時より元気(アルコールによる幻想元気か)な集団を連れて、たけちゃんが案内したのはこの洒落たバーであった。


 左写真。さあこれから注文とりますよ〜の段階だが、左端のThophyは、けっこうハイ状態になり本性を表しつつある。その右は今回がお初の、さくらさん。一次会ではいい写真がなかったので、ここでご紹介であります。走りの企画にも参加しかけたんだが、結局は忘年会で初顔合わせとなった。しっかりカタギの勤め人ふうでありますが、あら? いつの間にかネクタイを外してますね。じつはこの人もなかなか……。ご開帳は控えた写真もあったりするのだが……近いうちにバイク乗りとしての実体を暴こうとtsujiは虎視眈々である。右列の2番目、井石さんの奥にいるのはMOTO君で彼もお初。二輪教習所の教官であ〜る。そしてなんと、ヘリコプターの操縦士でもあ〜る。一度乗ってみたいんだよなコンバットヘリって違うか。彼のHPは>>>ここじゃい。
 右端の写真では、ヤスがそろそろご酩酊モード。しかしこの後、再度火がつき、周囲を煽るは煽るは。ほかの輩もパワーアシストのスイッチが入り、やがて一気呑み(死語かと思ってた)なんか始める始末。知ぃ〜らないっと。


 バイクについてじっくり語ろう。という配慮から、たけちゃんが用意してくれたこのバーだったのだよ。じつにイイカンジの店である。なのであるが、本日のこいつらには似合わんぜよ。というtsujiも少々酔いがまわってきて、写真はなんだかよく分からん状態に。そんなtsujiの酔いを醒ます、SALIDA組の席のあちこちから頻繁に上がる雄叫び、バーテンダーの白い目線。目線は重要だよホント、って話が違うか。思わず号令をかけたのだったぜ、次いくぞ次ぃ!


●第三幕


 次である。歌舞伎町の路上で呼び込みの兄さん(かなり若い)が千鳥足のSALIDA組集団に声をかける(間違いである)。今なら○円ポッキリで飲み放題ですよぉ。誰かが交渉に入る。何か一品サービス付けろよ、そしたら行くぜ。兄さん、間違いだと気付きながらもあとへは引けず、いやそのなんとかかんとか。まあ、ボッタクリではない名の知れた大衆居酒屋。ゾロゾロとなだれ込むの図が、上の写真でありまする。そぉーねぇー、ここなら何をやってもいいから安心、朝までやってるからそれも安心。


 左写真。すでにノリノリ状態のThophyである。中央でピンク色に染まる井石さん。そうした様子を冷徹に観察する、たけちゃん。たけちゃん、意外と分析派なんですなぁ、さすが経営者。
 中写真では、さくらさんと巨匠が……。もちろんこのふたりはこの日が初めて。右写真ではヤスがすっかり危ない状態。


 いよいよ宴もたけなわであります。たけなわ、たけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわたけなわ。もう、なんだかよく分かりません。部長はyouminさんを枕にご機嫌モードではありますが、youminさんの困ったなあこのオヤジという顔をシラフのときによく見て反省しなさい。


 さらに宴は続く。続く、続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く続く。tsujiはまだ、比較的に酔いが浅い感じですね、写真を見る限りは。まあ、終電時刻を鑑みて送り出さねばならぬ輩もまだいるからさぁ。問題なのは、中写真でレッドゾーン間近バリバリ絶好調のヒロミではない。この女王も朝まで引っ張ってはまずいとは思うが、一発カツを入れればちゃんと帰還するのがいつものパターンなのだ。隣のふじわらも、たかちゃんも、丈夫丈夫丈夫けっこう丈夫である。問題なのは、その奥で写真のフレームから外れそうになっている男、ヤスである。ほとんど死にかけておる。家には女房と生まれたばかりの子供が待つ……。ま、いいっか。本当に死にはせぬ。自己責任、自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任。
 んん? 責任取れるような状態のヤツはおるのかぁ????? 部長はオデコしてるし、巨匠はなんだか叫んでおるなぁ。知ぃらないっと。

 このような輩を集め、大事なく宴を進行させたのがこの、たけちゃん。忘年会エントリーフォームをさくさくと作り、キャンセルだとか飛び入りだとかを手際よくまとめ、参加費をしっかり徴収。現場でも、勝手な注文をしまくる皆の衆をうまいこと制御し、店を出る前には各自への課金を正確に算出して厳しく(?)取り立て。予定なき三次会以降も冷静沈着に泥酔集団をあしらいつつ、自らもしっかり楽しみ続ける。自らは一滴もアルコールを口にせず(だったかなぁ?)。ただし、今回は下ネタ波状攻撃がいつもの冴えを見せなかったのは残念かな。やっぱ、少々緊張してたんですかねぇ申し訳ない。とにかく彼の尽力なくして、この宴はなかった多謝に多謝。ちなみに、彼のHPは>>>ここじゃい。そのトップページ右下にあるもっこりも必見、というか最高ですぞ。編集者としてヤスも見習うべし。


***********************************************************

■tsuji@SALIDA てなわけで皆の衆、またいつかどこかで。