☆3月31日 伊豆花見Last



 花見会はすでに3月12〜13日、SALIDA誕生会の意味も持たせて開催した。とはいえ、ですねぇ。本年最後の花見ツーリングパーティーは、やっぱり誰もが参加しやすい日曜日の日帰りでしょう。
 というわけで、とくに参加申し込みもない気楽なスタイルで開催したら、集合場所の伊豆スカイラインにある亀石スカイポートに、10名様が集合してくださった。ありがとうございます。ほかにも、たとえば四国うどんツアーを練っているKURA@香川とか、ポンタのお父さん@千葉とか、参加したかったんだけど土壇場で都合が付かなかった方々もいたんだけど、まあいいじゃん、またの機会もあるよ。
 で、SALIDAのイベントだから当然のごとく、天気は上々。上のタイトル写真は、西天城高原の「牧場の家」の前でのもの。眼下に見えるは西伊豆海岸の宇久須港です。ややモヤっているが、そこはそれ、春ですから。伊豆スカイラインを快走し、冷川から国士峠経由で湯ヶ島まで駆け抜け、そこから仁科峠に駆け上がり……という感じで、集合場所からここまで一気に走り抜けてきて、ひといきの図であ〜る。
 中高速コーナーからタイトコーナーの連続と、千変万化のワインディングをコンパクトなエリアで満喫できるのが伊豆のいいところ。もちろん、道案内はいたしますが走りのペースは各自の勝手、といういつものSALIDA流です。それぞれの方が、それぞれのペースで楽しんでいました。
 そして、今回もSALIDA初登場の方々がたくさん来てくださった。新しい出会いが多々あり、また新しいネットワークが誕生する気配。千葉方面の3名様、オリジナル企画など作ってくれると嬉しいぞ。
 新たなメンバーを加えてタップリ遊んだ1日。愉快でした。


●峠はいいが桜はどうした!


 タイトル写真を撮った牧場の家からは、標高差900mほどを一気に駆け下るコークスクリュー状態。またもや楽しいワインディングで、中年リターン組もこのころになると『昔取った杵柄』を発揮し、なかなかの走りなるも「ちょっと目が回った」とか? 慌てなさんなって。人生は長いよ。
 で、駆け下ったところにあるのが、tsujiのお気に入りの魚食堂『魚武』ですね。ここで昼食。前々回の『厳冬期ツーリングパーティ』にも登場してます。大きな店ではないが、魚が新鮮で旨くて量も多い。国道136号沿いの黄金崎トンネル北側にある。
【魚武=0558-55-0326】
 なんだよ〜〜〜、ワインディングと魚ばっかで『桜』はどーした??? 慌てなさんなって。

 お腹もいっぱいになったところで、この日の目的、というかツーリングの口実である桜見物に出発じゃい。海岸線の国道136号を南下し松崎へ。市内から、那賀川の手前を左に入る。この川の両岸は、桜の名所なのだ。この時期なら当然……そう思ってtsujiは国道の信号を左折。ところが、桜は三分咲きではないか。あれれぇ? 確実に大量の桜があると豪語していたtsujiとしては、正直なとこ、ちょっと焦った。しかし、しばらく進んでもう少し上流へ行ったら、ちゃーんと咲いておりました。八分咲きからほぼ満開状態。グッドタイミングでしたね〜。tsujiは一安心。

 ここはやっぱり、記念写真。そして、道路を隔てて桜並木の反対側には、右写真のような、広大なお花畑も展開していたのだ。


●素敵な風景をみつけましたか?


 花見のあとは、松崎の街へ一度戻って散策。走るばっかじゃ趣がないでしょう。tsujiは、松崎の街並みが好きです。地元品だけを集めた小さな土産物屋にふらりと入って買ってしまった、那賀川の川海苔。帰ってから食べてみたら、美味しかった。店の名前は忘れたし写真も撮影しなかったけど、昔の銀行を改装した面白い建物で、地元のオバチャンたちもイイカンジだったな。並んでる商品も良心的なもの。店を出てからブラブラ歩いていたら、素朴だけれども気持ちのいい風景が、そこここにありました。やっぱり、ツーリングは発見の旅だよね。

 その後は再度、桜並木を流れる風景として眺めながら通過し、婆娑羅峠(バサラ)を越える。そして箕作(ミツクリ)からR414。国道ではあるがタイトなコーナーが続く峠越えをして河津へ抜け……と、またもワインディングだ。さらに伊豆スカイラインに飛び込み「各自のペースでどうぞ」とtsujiが言った途端、走り屋系数名はカッ飛びモードに。ノンビリ派は我関せずで夕日に染まる景色など堪能。こういう自由さを、今後も大切にしていきたいと思っています。
 その伊豆スカイラインで、駿河湾への日没の瞬間と見事な影富士を拝むことができたのは、すんごくラッキーだった。料金所で全員が一緒になったところで、その話題で盛り上がりました。誰それの行いがよかったからだ、いや俺の行いが……。
 などとワイワイやりながら日没まで、タップリと遊んだ春の1日であった。


●参加者のご紹介

 ご参加いただいた方々をご紹介しましょう。といっても、まったくお初の方が何人もいて、しかも日帰りだから適切なご紹介ができない方もいますゴメン。また遊びに来てください。またSALIDAではお初でも、tsujiにとっては懐かしい人もいた。コメントを送ってくださった方については、それを写真の横に添付してあります。このレポートを見てからでもコメントを送っていただければ、あとで加筆しますよ。以下の方々の顔とコメントを見ていただくことで、イベント当日の雰囲気がより立体的に見えてくると思います。
 しかし……。どーでもいいことですが、10人の参加者のうち3台がBMWのGS系とは。さらに、この日が初参加の金西君なんかもやたら興味を持ってしまうなど、参加者への『悪影響』が多々ありで、今後参加される方々は注意されたし。SALIDAは、かのGSクラブのサテライト・クラブになるのか? そんなこたぁ〜ねぇーやな。
***********************************************************


■りきゅーる@FireBlade ■大土@GSX-R お初です。『りきゅーる』はですね、酒の飲めない酒屋です。昔々、モーターサイクリスト誌でテストレポートなんか書いてました。ミニバイクレースもやっていて、軽量級ではなかなかの速さを誇示していた。
 以前からBBSなどに登場する『ポンタのお父さん』と、ひょんなところで出会い、このHPの存在を知ったとか。そして、今回ひょっこり来てくれたのだ。tsujiとしては、数えてみれば20年ぶりとかの再会。いや〜懐かしいねぇ。バイクからはずっと遠ざかっていたとかで、一緒に連れてきてくれた大土さんとともに、自他共に認める中年リターンライダーだとか。この日、後半にはけっこうぺ−す上がってたぞ、注意! 脳ミソに残っているリズムで走るほど、今は反射神経がないんだからね。また遊ぼうな。コメントはその『りきゅーる』のものです。
***********************************************************
お花見、峠の眺望、美味しいお魚、伊豆スカから拝んだ駿河湾に沈む夕日と影富士。いや〜、よかっっっっったなぁ。
 そして峠道。上って・上って・下って・下って……、曲がって・曲がって・曲がって・……。いつもより、かなりたくさん曲がってました(汗・汗)。
 僕と大土の中年リターン組み@千葉は、伊豆お花見企画を「いっぱい・いっぱい」満喫いたしやした! 21:10には無事帰宅しましたが、バタンキュ〜(爆睡)。
 最近、大型バイクを手に入れたものの、ほとんど房総方面のちょい乗りだけ。いい機会なので、お花見ツーリングに参加してみました。いやぁ〜上る下る曲がる止まる。汗また汗の連続でしたが、やっぱりバイクはいいですねぇ〜。あぁ〜 楽しかった!


■たけちゃん@FZS1000 ■Obatta@GS1200SS お初です。たけちゃんは、最近チョコチョコとBBSなどに登場し始めた人。でも、実物を拝むのは誰もが初めてじゃないかな。外観に似合わず(失礼)研究熱心な人で、現在ビッグバイクの乗りこなしに奮闘中。今度のライテク勉強会にも来てくれるそうだ。乗っているフェイザーは、tsujiのインプレ記事を読んで買ってしまったそうな。気に入った? Obattaは、たけちゃんが連れてきてくれたんだけど、たけちゃんとは大違い(!?)のシャイな人。ふたりとも、また遊びに来ておくれよな! コメントは、たけちゃんのものです。
***********************************************************
つじ様をはじめ、SALIDAの皆様お疲れ様でした。
大型二輪免許を取得して1年目。まだ不慣れな運転でご迷惑をおかけ致しました(汗)。
 今年の目標は、ライディングの上達の前に『軽量化』を実践いたします(笑)。次回に皆様と会うころには、バイクではなく自らの体の軽量化を実感していただきます……のつもり。
 いつものメンバーとのツーリングも楽しいのですが、今回はバイクを通じての新しい出会いを満喫しました。またお会いしたときには、皆様よろしく!
 さて、私の次回はライテク勉強会。『安全に速く楽しく』を学びたいな


■youmin@FZS600 毎度おなじみです。SALIDAのイベントには何度も参加していただいているのですが、それだけじゃない。自分でもチームを作っていて、そっちでもカシラをやりつつ、走りまくっています。そのパワフルさには脱帽。新しい人を連れてきていただけることもあり、感謝していますよ。次はコメントをよろしく!




■ゴリ@千葉 前々回の『厳冬期ツー』に続いての、二度目のSALIDAイベント参加。本当に、すっごいテレ屋なんですよ、この人。だけど、走りは熱いぜ! 小柄な体なのに、デッカイBMWのR1100GSを軽快に振りまわしてガンガン攻めます。じつはGSってオンロードのコーナリングが速いんですよ、ねっ、ゴリさん!
*****************************************************
今回は2回目の参加で、前回よりリラックスできました。他のメンバーの方々とも少しは自然に会話ができたかな?
 ツーリング自体は、天気良し、飯良し、さらに走り応えのあるコースセッティングで、とても楽しめました。ただ、少々気が弛んだためか、立ちゴケかますは、教育的指導は頂くは(編集注:tsujiにコーナー手前での追い越しを指摘された)でした。まぁ、恥部をさらけたことで、今後はさらに気楽に参加していけるかなと、プラス思考で開き直っちゃってます。
 ここで立ちゴケの言い訳を。
 一週間前にリヤタイヤを新品にしました。そのうえ、ほとんど装着しっぱなしだったパニアケースも、外したほうがカッコいいかなぁなんてスケベ心を出したんですね〜。そしたら、従来でもやっとの思いで着いていた片足が、今度はほとんど路面を空振りに。そんな状態だったので、ちょっとバランスを崩した途端にコロリンといったのです。
 じつは、4日前にもUターン中にギア抜けで、右側に立ちゴケをかましていました。花見ツーの前に潰れたヘッドガードだけは替えておこうと、慌てて注文。部品を替えたのは前日の土曜日でしたが、今思えば『蟲の知らせ』か? 今回の立ちゴケも、見事に右側だったぁっ。もうパニアなしで走るのはやめようと心に決めました。
 私の場合は泊り不可なもんで、辻さんと酒が飲めないが残念です(酒大好き!)。が、参加可能なイベントは今後どんどん参加しますよぉ〜


■金西@VFR750F お初です。tsujiの執筆したライテク本を大事そうに持ってきてくれました。ありがたや! かなりのシャイさんですが、分かれるころにはかなりうち解けたと思っているよ。また遊びに来ておくれ。あとからコメントを送ってくれて、ありがと。ちゃんと追加掲載しましたよ。
*****************************************************
バイクに乗り始めて間もないころ、曲がり方もよくわからないのに調子に乗って、勢いよく飛び込んだコーナー。2秒後にはガードレールと地面の間でモガいていました。そこで、このままではいかんと図書館で見つけたのが『ベストライディングの探求』でした。以来、何回も読み返しては走り込んで、それなりに乗れるようになったかなと思っておりました。
 そして今回のイベントに参加させてもらって、師と仰ぐ辻さんの走りをナマで見て、あわよくばブッチギッちゃおうかな、なんて予定してたんですが、いつの間にか最後尾。しかもどんどん離されていく……。まだまだまだまだまだまだ、修行が足らんということですかね〜っ。でも今回、いろんな方々と一緒に走らせてもらって、すっごく面白く、また勉強になりました。また機会があったら参加させてください。辻さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございましたっ


■UNO@GS-Klub SALIDA登場は2度目ですが、一昨年の『林道ぴよぴよ学校in山梨』以来の、1年半ぶりです。BMWのGSに取り憑かれる重い病にかかっており、ハードなことで知られるドイツ本国での『BMWライダートレーニング』まで受けてきたとか。本場仕込みだから、今度こそ勝負だ、とは言わなかったが顔が言っていた。よろしい、今度tsujiが受けて立ちましょう。予定している『福島林道調査』など、おあつらえ向き。ゲレンデ・シュポルトの世界を堪能させてさしあげようと計画中であります。あとからコメントを送ってくれて、ありがと。ちゃんと追加掲載しましたよ。
*****************************************************
SALIDAのイベントへ、1年半ぶりに参加させていただきました。バイク歴は短いものの、つじ先生のおっしゃるように、GSの神様へすべてを捧げております?
 GSと出会えたおかげで、新たな世界が開け、新たな友人が増えました。SALIDAもそのなかのひとつで、初対面の方々も、以前お会いした方々も、温かく迎え入れてくれる。そして、素晴らしい時間を共有できる。加えて、美味しいご飯も食べられる。そんなSALIDAに感謝です!
 林道ぴよぴよ学校で、つじさんから授かった「GS乗りなら、GS乗りとしての意地を見せろ〜!」という、ありがたいお言葉(???)を深く心に刻んでいるUNOでした。
 福島林道調査にも可能な限り参加させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします


■クヌギ@平塚 お初です。SALIDAではお初ですが、SALIDAのイベントに参加される方々には、この顔を知っている人もいるでしょう。tsujiが以前やっていたヤマハ系のイベント『ウイークエンドラン』では、サブインストラクターをやってくれていました。集合場所に、いきなり登場でtsujiはビックリ。1年以上は会っていなかった。
 根っからのバイク好き、根っからの走り屋で、しかも仕事はタイヤの設計。なんですけれども、入社した会社が間違いだった。トラックやバス、それから遊園地の乗り物用タイヤとか作ってるらしい。最近、TRX850を手に入れてゴキゲンなのだ。いいバイクだもんね、もう作ってないんだから大事に乗れよ! やたらと奥方に弱い男であります。
 松崎を出たあとしばらくして、いきなりUターンかまして消えてしまいました。ひとりで極楽を味わったとか……次のときは覚悟せいよ!
*****************************************************
SALIDAイベント初参加でしたが、色々な方々とお会いできるのは楽しいですね。ろくな挨拶もしないで、別れてしまい、申し訳ありませんでした。
 松崎を出るときには、そのまま皆さんと一緒に行こうと思ってた。ところが、ふと気がついて箕作の信号を曲がったところで、Uターンしちゃった。前を走っていた部長さんに意図が伝わっているのを、願いつつ。
 僕は平塚に住んでいるから、あの位置からだと早ければ2時間ちょっとで家に着いてしまうんです。皆さんから比べると往復のツーリング距離は最低でも200km以上は短い。栃木の部長さん比にべればとんでもなく……。 だから、まだまだ元気だったんです。
 それに、かみさんの『1日じゅう遊んできていいよ』 のご厚意に対して、このまま帰宅はあまりにも失礼(ということで納得して)なので、もう少し遊んで帰りました。
 皆さんと別れたあと、東伊豆は相模湾の海沿いへ出まして、海岸沿をしばらく走りながら穏やかな春の日差しを照り返す海を眺めていました。
 その後、熱川あたりの北川温泉にある、波打ち際の露天風呂に寄った。混浴です。水着不可です。でっかいタオル貸し出しがありますが(600円)。海を眺め、打ち寄せる波の音をBGMにして、18時ころまでしばらくボーッとしてました。まっ、眺めていたのは太平洋だけではないですがf(ーー;)。
 タオル巻きではありますが、20歳くらいのお姉さんの2〜3人。タオルが密着して腰のあたりとか、お尻のわれめなんかもハッキリと……むふふっ。極めつけは、パツキンですよパツキン。 外人さんで けっこう オープンで。 ただし、おーばー40、あんど、のっと・すれんだー、でしたのでNo Thank you。なので『×キン』ってとこでした。(T-T)
 熱川を数km北上すると、すぐに伊豆スカへの分岐。その後は天城高原〜熱海峠、箱根新道、西湘バイパスをスッ飛ばし、20:00過ぎにに家に着きました。
 途中、伊豆スカの滝知山駐車場で、相模湾の夜景と星空を見て(-。-)y-! やっぱ綺麗ですよね、あそこからの眺めは。
 また機会があればぜひ参加させて頂きます。参加当日はさすがに疲れて、酔っ払って寝てしまいメールを書けなかったので、これは仕事中に書いてます。 ははっ


■部長@栃木 毎度おなじみの部長さん。大会社に勤めているが、勤め先では部長ではありません。遊び仲間のカシラなので、部長と呼ばれているだけです。住んでいるところはtsujiとまったく違うが、もう7年になるのかなぁ、長いつきあいです。SALIDAのイベントでは、各種のお手伝い、受け付け、幹事などもお願いすることがあり、とっても助かっています。そういう間柄であるにもかかわらず、なんとこれが今年初めての参加。まあ、山奥に住んでるからねぇ。以前は仙台の街に住んでいましたが、今は単身赴任で栃木の山奥。おかげで、家族ほっぽらかして伊豆にも日帰りで遊びに来られる、いいじゃん!!! とっ、このHPは奥方も見るの? 言葉を選ばねば。今シーズンもヨロシク!
*****************************************************
SALIDA久々の伊豆は、やっぱり楽しかったな〜!!!  一日でいろいろな景色が楽しめて、いろいろな路が楽しめるのが伊豆ですね。魚も美味しかったし、松崎の桜も綺麗だったし、気温もそれなりに上がってくれたし。渋滞も短かったので、とっても良いツーリングでした。そうそう、駿河湾への日没と春霞の富士山も綺麗だったなっ。
 今の自宅から仙台の本宅に帰るのと、伊豆に行くのは、時間的にはあまり変わらないのです。だから、また伊豆へ行ってみようかと策略を練る今日このごろ。
 花見ツーリング当日の走行距離約700km。前日の土曜日はモテギをツーリングしてたので、2日間の合計走行距離は約1000km。花見から帰宅の今は、背中が張ってます。明後日あたり筋肉痛かな?
 今回もいろいろな方々にお会いできて、とっても楽しかった。それにしても、皆さんの上手なこと。太刀打ちできませんでした、また修行します。
 私は、今年もいろいろなイベントに参加、それにお手伝いもしますので、どこかでお会いできることでしょう。皆さん、いっぱいイベントに参加しましょうね! 楽しみ、楽しみ




***********************************************************

■tsuji@SALIDA てなわけで皆の衆、またいつかどこかで。