☆3月12〜13日 SALIDA誕生記念花見会



 思い起こせば、このホームページSALIDAは2001年の3月12日に公開した。つまぁりぃ、今年の3月12日は満2歳の誕生日であ〜る。めでたい! しかも時節柄、暖かい伊豆では早咲きの桜が咲いているはず。というわけで、SALIDA誕生記念花見会を開催することになった。その日にちはたまたまウイークデイではあるが、来てくれる人が何人かはいるはず。いや、週末は仕事でイベントに参加できない人だって、じつはたくさんいるはず。バイク屋さん関係なんか、まず週末は無理で、考えてみれば水曜日とか木曜日が定休のお店は多いはず。その『はず』を当て込んで募集してみたら、15名の方が参加してくださった。嬉しいねぇ。
 ウイークデイなら参加可能でも、2日連続は無理という人はいる。そこで前回の厳冬期ツーリングパーティー同様、途中での合流や参加もありにした。これ、まとめる側は少々面倒なんだが、参加者にはやはり好評で、今後もなるべくこの方式を採用していきたいと思っている。本当はみんな両日参加して夜は一緒に騒ぎたいんだけど、それが無理な人も、少しでも楽しさを共有できるとしたらtsujiは嬉しいよ。その現場での楽しみと、新たな出会いを作るために今後もいろいろな企画を思案中。
 そうそう、今回も新しい出会いがたくさんありました。SALIDAのホームページには初登場の人も多く、tsujiとしても参加者の半数はネット上での会話しかない初顔合わせだった。年齢、性別、バイクのジャンル、走りのパターン、すべてバラバラ。こういう雑多感が僕は大好きだ。自分のバイクライフのパターンを固定しちゃうのって、つまらんでしょ。SALIDAは、徹底して雑多でいこうと決めています。
 では、初顔合わせが入り乱れてのランチキ騒ぎ、始まりじゃっ!


●沼津I.C.→アイス屋の日常通勤路?



 初日の集合は沼津I.C.だった。ここなら、いろいろな方面から勝手に来やすいからね。高速道路なんか、一緒に走ったってつまらんでしょう。そもそもSALIDAでは、金魚のウンコ隊列走行はなるべくしないようにしている。バイクは基本的に、ひとりで走るもの。そのソロ走行の楽しさを仲間と共有する、というスタンスでグループツーリングを行っています。整然と隊列を組んで走るのがカッコイイという人もいるが、そういうのtsujiは大嫌い。軍隊じゃねーんだ。それ、徒党を組む、というのだよ。他の交通にも迷惑。
 で、沼津I.C.出口の小さなトイレ、及びラブホ隣に続々集結であーる。第一次集合の面々がほぼ予定どおりの時刻に……。ありゃぁ? 9人しかいないぞ。グーチュ@6Rですねぇ。と、tsujiのケータイが鳴る。なになに、高速のパーキングでマシントラブル? エンジンが急に始動不能? ガソリンがキャブまで来てるかプラグに火が飛んでるか調べなさい。なになに、車載工具を持ってない! アホ!!! 修理屋呼んでなんとか追いついて来な。先に鰯でも食ってるぜ。
 ま、よくあることで。不運なヤツだなぁ、集合地点まで辿り着いてればプロのバイク屋さんがいたのに。さーて鰯が待ってる、みんな行くぞ。

 沼津I.C.からは、沼津市街を抜けて沼津港へと至るいつもの道である。その途中の右側にあるアイスクリーム屋の『ローマン・ホリデイ』へ寄るのもお約束。あんまりワンパターンだから今回はやめようかとも思ったのだが、お初の人も多いし、何よりそこのアイスを食わせてみたいヤツがいたのだ。
 左端写真の、大口開けてアイス食ってる大男ふたり組の、右側。ハンドルネームは『アイスマン』で、職業はアイスクリーム屋さんなのだ。さて、tsujiのお気に入りアイスをプロがなんと評価するか???
『ここのは、本当に自家製だ。そして合成甘味料などが入っていない真面目な作り。イヤミな甘さが舌に残らず、なかなか上物であーる、うんうん』(アイスマン)。
 tsujiはホッとしたのでありました。大男組のもうひとりはTough細川。外観に似合わず、すごいマジなヤツですよ、ひょんなことでtsujiは知り合いましたがSALIDAには初登場。その右写真は、横浜のバイク屋さんの上司と部下の図。部下のフェレ君は上司いっこネーサンに奉仕中であります。もひとつ右の写真に収まるは、ジモピーのNAVY高橋@Z1と、初参加のTakky@SS900。シャイなTakkyは、まだ表情が硬いですねぇ、まあtsujiにお任せあれ。


●富士は見えぬが天気は上々



 アイス食って、速攻で鰯というのもなぁ。時間的にもまだ早いし、天気はいいし、普通の伊豆ツーリングではまず寄らない、千本松原でも行ってみようか。例によってtsujiの気まぐれである。駿河湾に面したこの一帯は、な〜ぁんもないけど、延々と続く松林や広々とした海岸風景が、tsujiはけっこう気に入っている。いいでしょう、この広さ感。これで雄大な富士山も見えれば最高なのだが、なぜかこの日は富士山のところだけ雲があった。早朝は少し見えたんだけどねぇ。ま、贅沢言ってはいけんません、この上天気とポカポカ陽気。左端にいるSALIDA初登場のKyeyoさんも、ホンワカのんびりムードになってきましたね。
 てーとこで、そろそろ腹も減ったし、海岸づたいに行き当たりばったりで進みながら沼津港へ。そういうの、やはり10人ぐらいの規模が限度ですな。途中でたまたま通過した千本松公園、イイカンジだったなぁ。この日、宿以外では唯一事前に決めてあった目的地が鰯料理の店「磯はる」。その前で記念撮影であーる。小さい店だよね、きれいでもないし、でも美味しいのだ。量が非常に多いので注文時は要注意。ふたりで定食ひとつを頼み、あと2〜3点のおかずと、つみれ汁+ご飯セットを1人前追加。これがベストですね、普通の人には。この写真撮影の後は、もう食えねぇというまでむさぼり食ったのだが、その詳細は省略。店の場所や様子などは前回の厳冬期ツーのレポートを参照のこと。

 沼津市街近辺で遊んでるだけでは、さすがに飽きる。それに、満腹状態でバイクにまたがるのも苦しい面々であり、夕食までに胃袋をなんとか空にしなくては。走り屋組のTough細川とアイスマンは、腕がムズムズしだした気配もある。てーわけで、午前とはうって変わって、午後はバリバリ走りまくりだぃ。
 大仁から抜け道通って戸田峠、そして西伊豆スカイライン。ブッ飛ばすヤツ、景色を眺めながらノンビリ流す方々、それぞれのペースでお楽しみである。SALIDAではいつものことだが、走りのペースは各自の勝手。道案内と集合ポイントの指示はやりますが、バイクは自由の翼でしょ! 走りまくったから、この間の写真はほとんどなし。いい景色だったなぁ、太陽もサンサン。
 唯一、記念写真を撮ったのが上のもので、達磨山レストハウスからの絶景。眼下に広がるは、駿河湾です。富士山は裾野だけが左側に見えてますが、本当はその左に南アルプスを拝めたのだよ。アイスマンの背中に乗っかるネコは、いっこネーサン。アイスマンの右はきつね@八王子と、youminさんの御常連。みんな、いい顔してますね。Takkyもこのころには完全な仲間状態ですな。
 気持ちよく遊んだあとの夕方、戸田峠付近で3名様ご帰宅。Tough細川、いっこ、フェレは残念ながら『お泊まり』ができない。でもいいじゃん、また来れば。バイバイ!


●今回のお宿は大人のペンション



 戸田はSALIDAの企画でしょっちゅう行く。tsujiが勝手に気に入っている場所だから、ではあるが、東伊豆より格段にロケーションのいい西伊豆を楽しむキーポイントでもあるからだ。そして、SALIDAに今まで登場した宿はPDフライだけだが、ほかにもけっこういい宿がある。今後、少しずつ紹介していきましょう。また、新しいところも開拓中です。戸田村って、じつは広いのだよ。
 ここ、ゲストハウス・マホラ(0558-94-4321)も、要チェックのお宿のひとつ。以前にtsujiが行って、なかなか気に入ってしまったところだ。丘の上に建つ、ちょっと大人のムードのペンションである。ログハウスのダイニングルームもイイカンジだが、丘から駿河湾に向かって突き出した24時間入浴可能なお風呂が最高。内湯も露天風呂も、時間帯により刻々と変化する絶景が楽しめる。右端写真は、やはりログハウスのフロント。
 今回参加の諸氏は、全員がこの宿に来るのが初めてだった。さて、皆さんに気に入っていただけるかな?

 峠で3人が去ったが、じつはこの宿に直行で合流したメンバーも3人いたのである。tsujiを入れて総勢11名と人数は変わらず。しかし、初対面の方々が多いのにゆっくり紹介もしていない(その必要もあんましないけどね)。ので、とりあえず『反省会』でもやっか、夕飯前に。てーわけで、上の写真となる。反省会ですよ、反省会。
 誰だ、一升瓶を2本も持ち出したのは! 宿直行組のひとり、たかちゃん(左端写真の右奥)であった。チベットの山奥(ウソ)からやって来るので寒いからと今回はスカブー650にしたから、一升瓶の2本くらいかぁ〜るいもん。差し入れですね、ではいただかなければ失礼。飲めや、飲めや飲めや。
 生ビールを人数分注文したのは誰じゃ? 右端写真の青ハチマキ、社長さんですね。彼も昼間仕事をやっつけてから、左のOkka@RR姫とともに宿へ到着。まー、頼んじゃったものは仕方がない、生ビールいただきましょう、乾杯ぃ。飲めや、飲めや飲めや飲めや飲めや。
 しかしなぁ、まだ夕食前だぜ、この盛り上がり。ダイニングルームの上にあるロフト状のバーを占拠しての酒盛りである。このぐらいの酒は朝飯前だってか?



 いよいよ夕食の始まり。いっただきまーーーす。乾杯。今まで呑んだ分はリセットして、最初からやり直しなのだ。半数以上がこの日初めての顔合わせとは思えないムードは、このときすでに完成していました。ガンガン行くぜ。


●さらに続くよ夜は長い



 正規?の飲み会&夕食だけで終わろうハズもない。面々はバーに移動し、酒だビールだ。さらにはカクテルやバーボンなんかも注文しちゃいます。ここが民宿とは違うところ。しかし、よく呑みますねぇ。やがては部屋に引き上げても呑んで、最終は午前2時ころだったとか。tsujiは途中でリタイヤして寝てしまいましたが。

 もちろん、お風呂も。到着早々の夕方の部、そして飲んだくれたあとの夜中の部。さらには朝の部もあったのだが、tsujiはぐっすり寝ていて写真はない。アッ、女子の部の写真も撮り忘れた、大失敗である。本当はド正面に富士山と南アルプスが見えるのだが、今回はなぜか見えずじまいで残念でしたねぇ、また来ましょう。それでも、駿河湾対岸の富士市の明かりと、満天の星空がきれいでした。夕方の部の眼下に見えているのは戸田村中心部です。
 しかしですね、SALIDAのホームページで、モザイク作業をするとは思わなかった。まんま元の写真でもケーサツに文句を言われるほどじゃないのだが、ちょっとねぇ、男だからなぁ、tsujiは男の裸は今ひとつ好みじゃ……。女ならいいのかっ!
 ま、そんでもって、エロ写真収集とその修整で鍛えた技を駆使し、きれいに仕上げてみたらさぁ、なぁーんかすっごく、ヤラシイ。黒ベタの海苔を貼り付けたら、まるでエロ写真。そこで、ちょっと可愛くカラフルに仕上げてみた。いかが? 可愛い?
 初対面でもひとつ釜の飯、じゃなくて、ひとつ湯船の中に入れば、10年来の仲間同然であるの図でした。


●二日めは桜を探して迷走激走



 二日めの朝、まずは戸田峠まで駆け上がってウオームアップ。そしてお約束の記念写真。タナボン@R1と、藤田@GSX-Rが出発時に合流していて、一行はtsujiを含めて総勢13名となっていた。朝合流のふたりは約束どおり9時30分にちゃんと宿に来た、エライ。
 この記念写真の後は、バリバリの峠走り屋モード。アイスマンは愛用の戦闘機996SPSに鞭を入れ、社長はXJRでさりげなくエラく速く、タナボンは気合いを入れ直し、ブッチギリ体勢を築こうとする藤田@GSX-Rの後を追う……。といってもですね、お遊びです。大人のお遊び。それに、カンケーない派は晴天の尾根沿いの道を走りながら、眼下の駿河湾が変化していく様子を堪能。それぞれが、勝手に楽しみながらの激走爆走快走です。
 とにかく、戸田峠から西天城高原でお茶するまでは一気に走りまくったので、写真はナシです。お茶をした『牧場の家』は、tsujiのお気に入りスポットのひとつ。立ち寄るライダーは多いよね、ここ。あ、その写真も撮るの忘れた。一昨年あたりのイベントレポートでも見て探してください。


 そのお茶ポイントからは山を降り、桜探しが始まる。SALIDA誕生日に合わせたこの企画、じつは花見会としてはタイミングが悪かった。超早咲きで知られる河津や南伊豆の桜は、もう散ったあと。一方で、いくら暖かい伊豆とはいっても、ソメイヨシノはまだ早い。本音では、桜はあんまし期待していなかったtsujiである。花見は口実でいいや、つぼみの写真を撮って帰ろうと思っていた。
 松崎の桜名所、那賀川沿いに来てみれば、やはり立ち並ぶソメイヨシノは、まだつぼみが堅い。やっぱなぁ……と思いつつ走っていると、ヤヤ! ピンク色の一帯が見えてきた。梅ではないぞ!!!

 あった桜あった桜あった桜あった桜あった桜あった桜あった桜。
 バイクで走りながらだから、みんなの顔を見たわけではないし会話もないが、全員が心の中でそう叫んだのが聞こえた。ホント、聞こえた。喜んでいる顔が見えた。バイク乗りって、そうでしょ! 一緒に走っている仲間の、いろんな気持ちがリアルタイムで伝わり交錯するものです。バイクを止めてみれば、やっぱりこの顔、顔、顔顔顔顔顔顔。

●参加者のご紹介

 そんなこんなで楽しい花見会となったのでありました。帰路では、夕方になってからなんと雪!というオチが付いたものの、まあそれも終わってみれば話のタネ。遊びましたね。  さて、レポートの最後は、恒例となりつつあるラ○ダー写真館ふうの参加者ご紹介。今回は、SALIDA初登場とかお久しぶりの方々を中心にしました。前回のレポートに登場したyouminさん、きつね@八王子さん、NAVY高橋君、ゴメンね。コメントを送っていただいた方については、それを写真の横に添付してあります。

■フェレ@600F ■いっこコケコッコ@600F4i まだ少年の面影残る21歳の好青年、22歳だっけ? いっこネーサンから譲られたCBR600Fを大事に乗ってます。いっこは、すでに何度かこのHPにも登場しているね、じつはフェレの上司。横浜のホンダライズが勤め先です。部下にとってもお客さんにとっても、とっても頼りになる面倒見のいいアネゴだが、今回はどうもタチゴケしたらしい。だから今回はいっこコケコッコ。しかしなぁ、どうせなら、みんなの見てるとこでコケなさい! ああ、話のタネをひとつ損した感じ。初日だけで帰ってしまうから、祝福のない寂しいタチゴケとなったのだよ、いっこ。コメントは、そのコケコッコのものです。
***************************************************
帰って翌日、早々にトップページへアップされた「桜」を見て、ちょっとショックを受けたりして。でも、まいいっか。菜の花も南アルプスも駿河湾もきれいだったし。
 ところで、初日にみんなと別れた駐車場を出る際に、立ちゴケしてしまいました。とはいえ走行に支障はないし、ウィンカーがアッパーカウルにめり込みはしたものの、あとはちょっと傷がついただけ。あ〜あ、しょーがないか……なんて思いながら帰宅したのさ。ところが翌日、会社で部品の値段を調べたら、アアアアッパーカウルが6万だとぉ〜!!!??? 嘘だ、ぜぇぇぇぇったいウソに決まってる!!!! ロアーカウルが4万円、サイレンサーが、ミラーが、レバーが……。結局トータルで15万程かかることが判明、しかもパーツのみでっせ。
 たった一度の立ちゴケで15万。私のバイクはNRじゃないぞ〜っ(いや、NRだったら、もっともっとエラいことです)。仕方ない、とりあえず前まわりだけは交換しよう、トホホ



■Tough細川 ■アイスマン こいつら、人もうらやむ……ということは絶対ないけど、とにかく仲がいい。そして、ふたりそろって体格がいい。夜の繁華街でふたりそろってスゴまれたら、たいていのヤツはビビるんじゃ? ところが実際には、とっても優しいお人好しなのですね、ふたりそろって。コメントは、アイスクリーム屋を経営するアイスマンのもの。Tough細川もけっこう攻めるが、アイスは愛車996SPSを戦闘機と呼び溺愛する根っからの走り屋で、ツーリングのレポートも以下のとおり。彼のホームページでもその実体がわかります。初日にタチゴケして皆に大受けしてましたがね。写真、撮ればよかった、クソッ!
***************************************************
スッゴク楽しかったです〜!
 初日はいつものボケをかましてしまい、ご迷惑をおかけしました。さっそく帰りにパーツを調達して、ウインカーの交換と削れたカウルのタッチアップペイントをしましたので、もう完璧! あのガサガサのままでペイントをするのも走り屋っぽくて格好良い気が……。
(編集注:ここらでメール第1便終了だが、すぐに第2便が)
 2日間の伊豆ツーリングでワインディングをかなり走って感じた結果、キャスターを立てた状態はどうもシックリこないと判断しました。そこでストック状態に戻していつものテストコースを走行してみたら、いやいや! 偉い素直に曲がるではないですか。今まで我慢してキャスターを立ててたのは何だったんだ!? といった感じです。ロックtoロックも幅が増えてUターンしやすい。そして何といっても、切り返しなどの素早い動きを積極的に行うとき、自分のリズムに合ったのがとても精神的安定成分になって、結果上手に曲がれると感じました。
 今すぐにでも伊豆に行きたい気分です! またよろしくお願いしますっ!
追伸:仁科へ向かう途中の左コーナーで、tsujiさんがピッタリとアウト側をトレースしてくださったのは感激! もうウキャウキャもの! 次回はもう少しだけチャンと走行できると思いますので、これに懲りずヨロシク。ではでは



■藤田@GSX-R ■タナボン@亀有 二日めの早朝に家を出て、9時30分に宿のマホラまでやって来たふたり。藤田君はかなりの腕前で、少々古めのGSX-R(失礼)を見事に操り切っていたのが印象的。なかなか才能ある好青年だ。タナボンは、亀有の『鈴木猛単亜進』(03-3620-2150)というバイク屋さんの、本店の店長です。環七沿いのその店に行けば会えるよ。定休は木曜日。コメントはタナボンのものです。
***************************************************
楽しかったですぅ〜。一泊できたらもっと良かったかなと思いましたけど、桜も見れたし。辻さん、今度は我が店のツーリングにもスペシャルゲストで参加してください。忙しいとは思いますが、都合がついたら、ぜひどうぞ!
 GSX-Rの藤田君も辻さんに誉められて、心置きなく高知に帰れると言ってました。ありがとうございますm(__)m



■グーチュ@6R 昨年まで、ちょくちょく登場していました。しかし、コメントを送ってくれたのは今回が初めてだ。ありがと。じつは前回の厳冬期ツーリングも参加するつもりで、HP上で募集をかけたら5分後に申し込みが来たくらい。ところがぁ、某所でクラッシュ! 人間はぴんぴんだったけどマシンの復活が間に合わず、無念の涙を飲んでのキャンセルでした。そのリベンジ、というわけでもないけど、今度こそと参加表明。愛車も整備バッチリ……だったはずなのだが、なんと高速道路のパーキングでエンストしたまんまになってしまった。鰯屋では合流できると思ったのだが、結局は宿へ直行で鰯は食えずじまい。マシントラブルの原因は単純だったようで、基本的なメカのお勉強をするように。そして車載工具は必ず持参のこと! 6Rを愛する走り屋指向の好青年です。
***************************************************
約一年ぶりの伊豆は、いつもどおり景色も食べ物も最高でした。まさか本当に桜が咲いているとは!
 初日参加の皆さんご迷惑をおかけいたしました。車載工具位は積んどかないと駄目ですねぇ〜。鈴木猛単亜進でバイクを見てもらったら、燃料ポンプが動いてませんでした。さらに社長に「右に曲がりやすくないかい?」と言われました。どうやら先月転んだときに、フォークがヨジれていたようです。左に比べて、右コーナーは切れ込むような気はしていたのですが……。
 今年も色々参加していきたいと思います。どこかで一緒になったら、皆さんよろしくですぅ〜っ



■Kyeyo@CB1300SF お初です。お話を伺うと、いわゆるリターンライダーなんですね。でも、デッカイCB1300SFをスイスイ走らせていました。けして無理をしない走りで、安心して見ていられましたよ。これから、少しずつ走り込んでさらにウデを磨いてください。速くなる必要はないけれど、もっともっとバイクと『いい関係』を持てるようになってほしいと期待しています。それが、バイクを楽しむコツ、安全を確保するコツです。軽いオフ車なんかも、乗ってみるといいですよ。いろいろなことが見えてきます。ぜひ、また遊びに来てください。
***************************************************
2日間、天候にはめぐまれまして、松崎では早咲きの桜もちゃんと残っており、我々の到着を待っていてくれました。今回の企画は、この時点で達成でたと思います。とくに松崎で桜を見ているときは暖かくて、もう春が近いぞ! と感じましたね。でも帰路の伊豆スカイラインでは、なんと思わぬ雪!
 若い頃、私もバイクに乗っていた時期がありました。CB750Fourです。しかしその後、ずっと離れていて、昨年CB1300SFを手に入れたところです。バイクで伊豆に乗り入れたのも、今回がまだ3回目の若葉マークなんですよ。ヨタヨタと走っている私ですが、見かけましたら気楽に声をかけてくださいね



■Okka@RR ■社長 お初です。Okkaは、ファイアーブレードをなかなかキビキビ走らせる姫であります。宴会での盛り上げ役としてもキビキビ働いておりました。女子入浴シーンを撮り忘れたとtsujiがブツブツ言っていたら「ひとこと言ってくれればねぇ」だって。あー、悔しい、損した。今度はコメント送ってくれよな!
 社長はですね、SALIDAでは初登場だが、tsujiは数えてみれば四半世紀のおつき合い。しょっちゅう会うわけではないが、お互いにいきなり電話したり、という不思議な関係が続いている。鈴木猛単亜進というバイクショップを経営しています。YSP葛飾ともいうらしい。頑固ですが、彼の好きなバイクに関し改造相談なんかすると、のめり込んできたりするときもありますね。整備やカスタムの腕はピカイチ! 何より、バイクの本質を知っている。ご老体のわりには、やたらと速かったりもする。じつに面白いオヤジなんですが、コメントを送れなどと頼んでも無駄なので放っておきます。
***************************************************



■たかちゃん@松本 お初です。初日の朝から一緒に走るつもりで楽しみにしていたのです。何しろ申し込みが一番乗りだった。が、前夜の長野県松本市はメッチャ冷え込んだ。-15度とか言ってたな。沼津に10時集合するにはかなり早朝の出発となるが、すると路面凍結の可能性が高い。そこで、彼は宿への直行に変更した。正しい選択だったと思うよ。鰯屋集合でもよかったかもね。今回はスカブーでの参加だったが、ほかにもBMWだのなんだの、いろいろ持っているらしい。今度参加するときには、別のに乗ってきて披露してください。待ってるよ!
***************************************************
私が住んでいる松本は、まだまだ冬の名残が色濃すぎて、出発するときも積もりはしないものの、雪が昼頃までちらちらと舞っていた。ただ、気温は7度くらまで上がって(松本じゃ暖かいのだ)ましたよ。行きも帰りも寒さに悩まされ、おまけに帰りは富士五湖あたりで雪にまで降られてしまいましたが、つじさんを始め、皆さんと共に楽しい一時が過ごせたなぁ。
 もともとメジャーなツーリングに行くのは「ちょっと苦手」でして、今まではHPでの参加募集等を眺めつつも、もうひとつ踏ん切りがつかなかった。ですが、今回をきっかけに、いろいろと参加しようかなと思っているところです。
 今回は「寒いのはヤダなぁ……」とスクーターで参加。でもさすがに、皆さんのペースに付いて行くのは厳しかったかなぁ……とか言いつつも、後ろからノンビリとついて行くのは嫌いじゃないので、景色を楽しんだりしておりました。
 長野県内がツーリングに最適な季節になるまでには、まだまだ時間がかかります。ですが、今年はできるだけたくさん走りたいなぁと思っているのですよ。またご一緒できる際にはよろしくお願いします



■Takky@SS900 お初です。愛車はぴかぴかのドゥカティ・スーパースポーツ900です。すごくシャイな人です。でも、初日のお昼頃からはかなり堅さも取れた感じに見えましたよ。一緒にお風呂に入るころには、ワイワイやってましたねぇ。楽しんでいただけたようで、何よりです。今度は、ライテク勉強会などに来てみたらどうですか? 今回みたいなお遊びツーリングとはまた違った面白さと、美味しい宿をお教えしちゃいますぜ。
***************************************************
伊豆 お花見パーティ楽しかったです。
 知らない人と行くツーリングは初めてだったので、どんな人が来るか、ペースはどうか、つじさんは見かけ通り恐いか??? 行くまでビクビクでした。ところが実際は、ぜーんぜん心配する必要なんかなく、楽しめちゃいましたよっ!
 じつは大型二輪免許を取って初めてのバイクで、しかも腰痛明けで長距離(?)は8か月ぶり。まだまだ乗りなれてないのですが、グループで走るときは適度なペースだし、各自が自由に走れる区間も多くて、走りやすかった。また、路面の凍結状態など、要注意ポイントで的確にアドバイスしてもらったので、初めての道でもリラックスして走行できました。状況に合わせて臨機応変なのも良かった。
 松崎の桜、きれいでした。帰宅して、その日のうちにトップページへアップされていた写真、見ました。咲いてないと思って期待してなかった分、感動が大きかったです。みんなニコニコでしたね。
 帰路の伊豆スカイラインの雪は、正直つらかったです。でも、滑りやすいところを走ったせいか、ほんのちょっとスキルアップした気がします。その後、雨の日に街乗りをしましたが、前よりは恐くなくなりました。
 それからイワシ、美味しかったです。近々、生まれたばかりの子供を連れて妻の実家(中伊豆)へ行きます。私がツーリングを楽しんでいる間、子供の面倒を見ていた妻のご機嫌取りのために、そのときイワシ屋に連れて行こうと思っています

■tsuji@SALIDA てなわけで皆の衆、またいつかどこかで。