☆2月23〜24日 南房総フラワーツーリングin千倉



 Ryumakey氏主催による、2002年初めてのSALIDAツーリングが開催されました。そのタイトルからも察せられるように、堅いことはぜぇーーーーーんぜん抜きのお楽しみツーリング。お花畑をプラプラと走り、太平洋を眺め、そしてメインイベントは宿での、お喋りと飲んだり喰らったりであります。当初の予定より大幅に増えた参加者の方たち、そして久しぶりに逢う顔、顔、顔、顔、顔。初めての顔合わせもありましたが、そこはそれ、バイク乗りの仲間。日がとっぷりと暮れるころには、もうみんなウン十年来の友人同然であります。
 ホントにお気軽ツーリングでありまして……なに、オフロード鍛錬企画? いやいや、タイトル写真から誤解しないでください。これはお昼ご飯を食べた公園でのワンショット。一足早く春を見つけに散策した、それだけのツーリングです。あーーーーーーーーーーーーーぁ、面白かった。


●馴染みの顔、久しぶりの顔、初めての顔



当初の天気予報では降水確率50%。でもね、つじが関わる企画ですから、当然のことながら雨は降らない、と言い切ってしまいましょう。高速道路を走り、ゾクゾクと集結する仲間たち。場所が千葉なもんで、東京湾の反対側からフェリーでやって来てくれた人たちもいました。KSRなんていう、マニアックなバイクで来てくれたKAZU君も。フェリーっていいよね、たとえ近所でも、なんかワープした気分になれる。おいおい誰だ? つじのヘルメットかぶってんのは! 昨年の忘年会で入手したようだが、そいつでオービス突っ切ってピースサインなんかするなよ!
で、みんなが無事なうちに記念撮影。これ、いつものパターンです。全員が無傷で揃っているところで撮影しておこう、って配慮していれば、だいたい最後までナニゴトも起こらないもんだ。ところが、まだ集合していない人もいる……寝坊したらしい、XJRのmasa君、あんただよぉ。


●お昼ご飯です



Ryumakey氏、というか掲示板などでは「隊長」で有名?な幹事さんのアイデアにより、途中のお弁当屋さんで仕入れた食い物色々による、野外でのお昼ご飯。千葉にはいっぱいあるダムの畔なんですが、いいですねぇ、こーぃういうの。ほとんど人が来なけど、でもシッカリ整備されているスポットが、千葉にはいっぱいあるのです。ファミレスもいいけど、こういうお昼ご飯の美味しさ、バイクに乗っている人なら分かるはず。
で、じつは、このあとレクチャーがありました。某DAI君を肴、ではなく代表に選んで、バイクの基本はなんだっけの、お勉強。ちょっとだけですけどね、今回は遊びが70%ですから。と、言いつつ、けっこうマジになっていた参加者の方々でした。


●これがメインディッシュだっ!


今回のツーリングは、多少のインストラクションもありましたが、それはオマケ。本番の本命は、なんといっても宿でのお喋り、食事、飲み会。上の写真、じつは夕食前のひとこまなんですが、すでにデキ揚がってる感じぃ、かな。各自が持ち寄った、仙台の珍味、沖縄の珍味、途中で仕入れた千葉の地酒。出てくるわ、出るわ出るわ。ネット上でエントリーして来た人も、すでにレギュラーメンバーとワイワイがやがやで、盛り上がるは盛り上がるは。この先が心配です。

で、けっこう盛り上がったところで、やっと夕食でぇーーーす。食卓にあるのは、ほんのアンチパストでっせ、ホント。

夕食を終えるころには、一工夫したプレゼントやジャンケン大会なども。豪華景品ではありませんが、提供してくれた方々の心がこもってます。そして、さらに夜は続く。今回宿泊したペンション、バードランドは、じつはこんな洒落たバーもあります。さらに、JBLのスピーカー(スタジオモニター)を装備した豪華AV施設もあり、なんだかんだで、みんなが寝たのは午前2時を過ぎていたとさ。


●翌日も引き続きお花畑ツーリング


掲載した写真では分かりにくいと思いますが、初日は冬物ウエアでは汗をかくほどのポカポカ陽気。ところが、翌日の午前中はうってかわって寒かった。でも、ちゃんとしたバイクウエアを着ていれば、かんけーないって。南房総は、そこいらじゅうお花畑で、ほとんど春です。海岸をツーリング中にみつけた気持ちのいい駐車場で、ちょっと一休み。右端の、お花と戯れる少女を演じている写真で、右の人は、つじが6年ぶりに再会したmikiちゃん。なっつかしいなぁ。そして左は、彼女が誘ってきてくれたyohkoちゃん。つじは、女性にはメッチャ甘いのです。後ろで不満ありげなのは、DAI君ですかね、いいんですよ、つじはナニしたって、悔しいか、ざまーみろ。

で、またもや記念撮影。やっぱこれ、ツーリングの基本でしょ?


●秘密のリストランテで最後のお茶


その後は、各自の帰路に合わせて随時解散。こういうのも、またいいです。そして、最後のシメにRyumakey氏が選んだのが、このリストランテ。レストランではなく、あくまでもリストランテであります。こんなとこに、こんなリストランテがあったんだぁ、とは皆さんの驚きの感想。教えたくなかったんだよなぁ、とはRyumakey氏の弁。美味しいコーヒーやお茶と、美味しいケーキで心和むの図。左端がRyumakey氏です。
じつは、ここに来るまでに、皆さんに無線機付きヘルメットを被っていただいて、走行中にダイレクト&リアルタイムで、つじからのレクチャーなどもありました。が、まあそれもオマケ。一足早い春を楽しんだ二日間でありました。
また、遊ぼうな!