図解バイクエンジン入門
グランプリ出版  ISBN: 4876871434

そこらにありそうで、じつはない、面白いバイクのメカニズムの本を作りたかった。
まず辞書のようで、読み物でもあること。
専門誌などに出てくる分からない言葉、興味の湧いた言葉を、索引を使ってすぐに引き出せ、さらにそこで出てきた言葉や前後のページもズルズルと拾い読みすればもっと面白い。
気の向いたとこからテキトーに読める。
そうこうするうち、バイクの全体像がなんとなく見えてくる。
もちろん、最初から通して読めば話がつながってる。

また入門書であること。
僕が初めてバイクの本を手にしたころ「勉強してないヤツには相手にしないぜ」みたいな態度は頭にきた。
読者の方にそんな失礼をしちゃいけない。
でも「入門書だから内容は浅くていい」というのも失礼。
メカニズムの本当の面白さを知ってほしい。
それにはなるべく本格的な内容を盛り込みたい。

本格的ではあっても、バイクを作るための書籍じゃない。
僕たちライダーの視点で面白かったり、バイクに乗ったり選んだりするのに役にたつ話が中心でなくちゃ……。

というような計画で執筆を始めたのだけれど、ここで謝っておかなくては。
シコシコと書いてたら文章のがどんどん増え、1冊でバイクの全てが分かる安い本になるつもりだったのに、今回は全体論とエンジン編だけで1冊分になり、それでもページ数が多くて少し高価になって。ゴメンなさい。

だけどその分、当初の方向性はワガママに守りとおしたつもりです。
もう勝手放題。
そのワガママを支えてくれたのがイラストと構成を担当した村井 真君です。
偉そーなこと言っても、僕の文章だけでは、面白さも分かりやすさも足りない。
いやーっ、正直なとこ村井君に頼りっぱなしでした。

近いうちにまた車体編の執筆を予定していますので、読者の方々はどうぞお楽しみに。
なお、僕はライダー代表でメカニズム専門家ではないのです。
その道のプロの立場からご指導してくださたり、適切な図版などを探したり作成したりしてくださった、多くのメーカー関係及びエンジニアの方々に感謝しいたします。
参考/引用させていただいた専門誌や書籍の関係諸氏にも感謝。どうもありがとうございました。
人間の英知と努力が生んだ高度な技術の結晶で、だけど自然の摂理に忠実で、またとても人間的な乗り物であるバイクのメカニズムの面白さに、本書を通して触れていただければ幸いです。
では、気ままにお楽しみください。
つじ・つかさ
この本が欲しい時はこの写真をクリック!